中原区版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

パートナーシップ宣誓制度 パブコメに意見71件 1日施行 受付開始

社会

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena
受領証カード
受領証カード

 7月1日から施行される「川崎市パートナーシップ宣誓制度」。市は4月に受け付けたパブリックコメントをまとめ、市議会文教委員会で6月15日、報告した。

 この制度は、性的マイノリティ(LGBTなど)のカップルをパートナーとして公的に認めるもので、当事者らの生きづらさ解消が目的。

 4月10日から5月11日まで募集していたパブリックコメントには27通で71件の意見が寄せられ、”事実婚”が対象に含まれていないことへの意見や、本人の同意なく性的指向などを公表してしまうアウティング行為への懸念、学校教育での同制度の説明要望など内容は多岐にわたった。

会場は所管部署のみ

 報告を受けた文教委員会では、寄せられた意見などを参考に「窓口は正規の専門職員とすべき」「プライバシー確保の徹底を」「市庁舎だけでなく、区役所でも対応できるようにすべき」「類似の制度を導入している他の自治体と連携すべき」などと意見が出された。市は、職員に対して人権意識を高める研修を定期的に行っていることや、プライバシー確保のために宣誓する場所を市民文化局人権・男女共同参画室に限定すること、同じ制度を導入している自治体との連携は今後検討していくなどと説明した。

 パートナー宣誓をすることにより、法的な婚姻による相続や社会保障などの法的保障は得られないが、市営住宅への入居が可能となるほか、携帯電話の家族割引や航空会社の家族マイルが受けられたりとサービスが広がる可能性がある。対象は一方または双方が性的マイノリティで、市内在住または市内に転居を希望している成人。

 宣誓は事前予約制で、希望日の7日前までに電話予約。現在、予約を受付中。職員の前で宣誓書にサインすると宣誓書受領証・受領証カードが即日交付される。問合せ・予約は市民文化局人権・男女共同参画室【電話】044・200・2316。

中原区版のローカルニュース最新6

今年誕生の新生児に支給

じもと応援券

今年誕生の新生児に支給 経済

利用期間3月末まで延長

9月24日号

若さでまちづくりに邁進

若さでまちづくりに邁進 社会

川崎JC70周年

9月24日号

拉致問題、理解深めて

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月24日号

衣装でイベント下支え

衣装でイベント下支え スポーツ

クラブ公認ボランティア

9月24日号

原点は「その先の笑顔」

川崎フロンターレ応援特集

原点は「その先の笑顔」 スポーツ

クラブスタッフ 若松慧さん

9月24日号

親子で楽しむサッカー教室

川崎フロンターレ応援特集

親子で楽しむサッカー教室 スポーツ

11月、川崎Fコーチが指導

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook