中原区版 掲載号:2020年8月14日号 エリアトップへ

市、新規事業支援を延長 申請数、想定の25%

経済

掲載号:2020年8月14日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は6月から、新型コロナの影響を受ける中小商業者に対し、テイクアウトやインターネット通販など新たな取り組みを支援する補助金事業を行っている。今月、当初9月末までを予定していた支援期間を12月末に延長した。

 7月末時点での申請件数は約80件で想定数の25%にとどまった。市担当者は「続くコロナ禍で苦しんでいる事業者はまだたくさんいる。申請数にも余裕があったため延長を決めた」と話す。

 市内に事業所がある中小企業が始める新しいサービスが対象。経費の4分の3以内で、10万円を上限に補助される。事業期間は最長3カ月で、すでに終了した事業や実施中の事業も申請可能。市予算の上限に達した時点で受付を終了する。

 申請の締切は11月末。申請書は市ウェブサイトからダウンロードして郵送で提出。問い合わせは、市経済労働局商業振興課商店街支援係【電話】044・200・2328。

中原区版のローカルニュース最新6

過去5年で最多

川崎市火災件数

過去5年で最多 社会

要因に連続放火など

1月14日号

3月12日、開通

多摩川スカイブリッジ

3月12日、開通 社会

各種イベントも予定

1月14日号

「芝」がつないだ名将との縁

市立川崎高サッカー部

「芝」がつないだ名将との縁 スポーツ

故・小嶺忠敏さん秘話

1月14日号

未来志向の日韓交流へ

未来志向の日韓交流へ 社会

民団が新年の集い

1月14日号

プラ循環「成功させる」

プラ循環「成功させる」 政治

福田市長が新年の辞

1月14日号

地元企業らと連携

川崎競馬場

地元企業らと連携 スポーツ

プレゼントグッズを制作

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook