中原区版 掲載号:2020年8月14日号 エリアトップへ

川崎じもと応援券 販売数、見込みの5割    商店主ら「大型店も対象に」

経済

掲載号:2020年8月14日号

  • LINE
  • hatena
川崎駅構内の臨時窓口
川崎駅構内の臨時窓口

 地域経済の復興策として川崎市が発行するプレミアム商品券「川崎じもと応援券」の購入申し込みが、今月6日時点で想定の5割にとどまっている。商店側からは「大型店を対象に含めてほしい」との声もあるが、市は中小店に限定する方針を維持。駅構内での臨時出張窓口の開設など販売促進に力を注ぐ。

 応援券は新型コロナウイルスの影響を受ける地元商店の支援が狙い。6月12日から7月3日の1次募集で受け付けたのは予定総数87万冊の3割。6日時点で5割に満たない約41万冊にとどまる。1次募集の結果を受け、福田紀彦市長は「利用可能店に量販店や大型スーパーなどの大型店が含まれないことが影響している」との考えを示す。

 市経済労働局によると、2015年に市が発行したプレミアム付き商品券は、約8割が大型店で使用されたという。今回の「大型店の除外」は、当時の反省を踏まえて決定したものだ。

 こうした市側の思惑と市場ニーズが合致していないという指摘もある。同じくプレミアム商品券を発行した横須賀市では、小型店のみ限定の「専用券」と大型店でも使える「共通券」をセット販売して一定の成果を上げている。大型店が名を連ねる市内の商店会関係者は「発行数が伸びなければ恩恵を受けられない。大型店にも拡充してもらいたい」と訴える。商店会の会長の一人は「大型店からも協力金をもらっているので一部利用を認めても良いのでは」と話すなど、当事者からも「横須賀方式」を望む声が聞かれる。

市「中小限定」を維持

 市は、当初の中小店に限定する姿勢を崩さない方針。担当者は「制度の趣旨が十分に伝わっておらず歯がゆい。利用可能店舗を増やすことで利便性を周知したい」とし、6日時点で3424の利用可能店を5000店まで伸ばすことを目標に掲げる。

 13日までの2次募集中は、市内約512カ所の掲示板や主要5駅にチラシを貼るなどキャンペーンを実施。川崎区以外の区役所は1回ずつ、川崎駅構内では7回にわたり臨時出張窓口を設けて販売のテコ入れを行った。

中原区版のトップニュース最新6

新たな用途でにぎわい

等々力緑地

新たな用途でにぎわい 教育

再編整備計画を見据え

1月21日号

ライブ配信で2年ぶり

インユニティ

ライブ配信で2年ぶり 文化

最優秀学生バンドも出演

1月21日号

区内43施設を立入検査

中原消防署

区内43施設を立入検査 教育

大阪のビル火災を受け

1月14日号

体力、コロナ前下回る

川崎市内

体力、コロナ前下回る 教育

小5・中2全国調査で

1月14日号

区制50周年、新たな扉を

区制50周年、新たな扉を 社会

永山区長、2022年を語る

1月7日号

等々力緑地に賑わいを

川崎市と民間企業

等々力緑地に賑わいを 社会

多彩なテーマで3日間

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook