中原区版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

じもと応援券 新生児に2冊支給 販売数5割強、3次販売へ

経済

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena
掲示するポスター(市提供)
掲示するポスター(市提供)

 川崎市は中小企業支援策として発行したプレミアム商品券「川崎じもと応援券」を、今年4月28日から12月31日までに生まれた新生児に支給することを決めた。国の特別定額給付金の対象外となった新生児への支援を要望する市民の声に応える形だ。同期間に約9000人生まれると想定し、一人あたり2冊、計1万8000冊の支給を見込む。市こども未来局の担当者は「じもと応援券を通して、子育てする親には地元の良さを知ってもらい、店側には地域で子育てする意識を持ってもらいたい」と語る。

 市は87万冊の販売を予定しているが、2次募集が終わった8月13日時点で47万3876冊にとどまる。市はあくまで「売り切る」とし、2次販売(9月7日から20日)終了後に3次販売を予定。利用店舗や臨時窓口などでの直接販売も視野に入れる。券の利用期間は現状は来年1月31日までだが、3月31日まで延長する予定だ。

中原区版のローカルニュース最新6

男女で県V 春高へ

市立橘高校バレーボール部

男女で県V 春高へ スポーツ

初戦は1月5日、新潟代表と

12月3日号

児童から感謝の声

新城鈴虫愛好会

児童から感謝の声 教育

命の大切さ伝える授業で

12月3日号

海外の絵本32冊寄贈

川崎とどろきRC

海外の絵本32冊寄贈 社会

市国際交流協会へ

12月3日号

ドリブル上達に「思考力」

プログラミング×サッカー

ドリブル上達に「思考力」 スポーツ

川崎Fらが企画

12月3日号

「生きづらさ」テーマ

中原図書館展示

「生きづらさ」テーマ 教育

保護司のお薦め本も紹介

12月3日号

SDGs制度、新たに220者

SDGs制度、新たに220者 社会

第3回市パートナー

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook