中原区版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

外国人に食糧支援の輪 市社協の事業

社会

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市社会福祉協議会が今月15日、支援事業として市国際交流センター(木月祇園町)に食糧を提供し、外国籍の人や留学生に受け渡された。

 新型コロナウイルス感染症の影響で失業や収入減少に悩む生活困窮者を支えようと、市社協は「食糧支援かわさき(食かわ)」を7月から開始。企業や団体、住民の協力で食糧を集め、食糧保管拠点の福祉施設から必要とする世帯に無償で提供する仕組みだ。

 同センターは、市民レベルの国際交流活動を推進するほか、市内外国人の支援機関でもある。8月に続き2回目となった食糧支援。当日は「食かわ」に参加する特別養護老人ホーム菅の里(多摩区)が代表で、他の施設や企業から提供された約20人分の食糧を同センターに渡した=写真(提供)。

 センター職員は「感染症の影響を受け困っている外国の人が多くいる。市内から頂戴した食糧を素早く届けてくれ本当に助かる」と話した。実際に食糧を受け取った人からは「食べ物に困っているので本当に感謝」との声が寄せられた。

 市社協によると、8月末までに2574品の食糧が集まり、約150世帯に配布された。

提供品の一部
提供品の一部

中原区版のローカルニュース最新6

過去5年で最多

川崎市火災件数

過去5年で最多 社会

要因に連続放火など

1月14日号

3月12日、開通

多摩川スカイブリッジ

3月12日、開通 社会

各種イベントも予定

1月14日号

「芝」がつないだ名将との縁

市立川崎高サッカー部

「芝」がつないだ名将との縁 スポーツ

故・小嶺忠敏さん秘話

1月14日号

未来志向の日韓交流へ

未来志向の日韓交流へ 社会

民団が新年の集い

1月14日号

プラ循環「成功させる」

プラ循環「成功させる」 政治

福田市長が新年の辞

1月14日号

地元企業らと連携

川崎競馬場

地元企業らと連携 スポーツ

プレゼントグッズを制作

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook