中原区版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

意見広告 野党統一で「命と暮らし守る」政治を  立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena

野党統一・大きな塊を

 長い野党分裂の時代を経て、ようやく先月、大きな塊として「新・立憲民主党」が結党されました。私も新党に参画し、高津区・宮前区・中原区より「命と暮らしを守る」政治の実現に向けて、新しいスタートを切ることとなりました。私たち新・立憲民主党の目指す政治の理念は明確です。「命と暮らしを守る、支え合いの社会」「立憲主義に基づく公正な政治」そして「国民の皆さんとともに行動する政治」です。

消費減税など大胆な政策を

 具体的にはコロナ禍で疲弊した暮らしと経済を立て直すため、時限付きの消費税減税や給付金の追加発行などあらゆる政策をハイブリッドに実行し現場の暮らしを支える政策、そして医療、介護、保育、障害福祉など生きていく上で不可欠なエッセンシャルワークの現場のみなさんの勤務状態や賃金を底上げし、安心できる社会を作る政策など、政府が責任と指導力を発揮し、公助を強化し、不安を払拭する必要があります。もちろん徹底した行財政改革もセットで進められなければなりません。

 コロナ禍で多くの市民の皆さんが困難を抱えている今こそ、「支え合いの社会」を軸とした新たな政治の選択肢を示す時であると考えます。

三村和也

川崎市高津区下作延6-21-11 オークラビル2F

TEL:044-750-8246
FAX:044-750-8247

http://mimurakazuya.net

中原区版の意見広告・議会報告最新6

井田病院の光熱費未請求問題問われる議会の良心と存在意義

市政レポートNo.128

井田病院の光熱費未請求問題問われる議会の良心と存在意義

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

11月27日号

市民館・図書館の現状と今後求められる役割について

市政報告

市民館・図書館の現状と今後求められる役割について

川崎市議会議員 松原しげふみ

11月27日号

来年度予算が分かれ道

市政報告Vol.8

来年度予算が分かれ道

川崎市議会議員 重冨たつや

11月20日号

66年経て労災病院前踏切解消等、工事着工へ。住民意見を大切に。

市政報告vol.65

66年経て労災病院前踏切解消等、工事着工へ。住民意見を大切に。

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

11月13日号

本日開通〜進化を続ける駅周辺〜

市政レポート No.98

本日開通〜進化を続ける駅周辺〜

健康福祉委員会委員長 原 典之

11月6日号

丸子多摩川花火の試し打ち〜53年ぶりの打上にいたるまで

市政報告 Vol.12

丸子多摩川花火の試し打ち〜53年ぶりの打上にいたるまで

川崎市議会議員 松川正二郎

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク