中原区版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

宮松エスオーシー 「砂利、どうぞ」 台風に備え無料配布中

社会

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena

 宮内1丁目に本社と川崎工場を構え、生コンクリート製造販売を行う「宮松エスオーシー」が先月から、砂利と砂を敷地内で無料配布している=写真。「御自由にお持ちください」と記して配布されているのは、「リサイクル骨材」と呼ばれるもの。現場で余った生コンを砂と砂利に分離処理したもので、同社の神本工場長によると「普通の砂・土よりアルカリ性が少し高いので草木は育ちにくい。そこは注意してほしい」とのこと。

 同社としては水が溜まる地面の整地や、水害の備えになるのではないかと始めたところ、9月の連休には約100キロの砂利が引き取られたという。用途として「雨が降ると泥になってしまう駐輪場に砂利を敷きたい」などの声もあった。「川崎工場では廃棄になってしまう骨材なので、少しでも地元の方の役に立てれば」と神本工場長。

中原区版のローカルニュース最新6

男女で県V 春高へ

市立橘高校バレーボール部

男女で県V 春高へ スポーツ

初戦は1月5日、新潟代表と

12月3日号

児童から感謝の声

新城鈴虫愛好会

児童から感謝の声 教育

命の大切さ伝える授業で

12月3日号

海外の絵本32冊寄贈

川崎とどろきRC

海外の絵本32冊寄贈 社会

市国際交流協会へ

12月3日号

ドリブル上達に「思考力」

プログラミング×サッカー

ドリブル上達に「思考力」 スポーツ

川崎Fらが企画

12月3日号

「生きづらさ」テーマ

中原図書館展示

「生きづらさ」テーマ 教育

保護司のお薦め本も紹介

12月3日号

SDGs制度、新たに220者

SDGs制度、新たに220者 社会

第3回市パートナー

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook