中原区版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

今月オンライン開催されるコスギフェスタでMCを10年間務める 笹田 恵子さん 中丸子在住 52歳

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena

明るい声で「つなぐ役」に

 ○…今年はオンラインでの開催が決まったコスギフェスタ。10年目の節目も司会進行を務める。「新しい試みにスタッフの方々が試行錯誤しているのを間近で見ている。一丸となっていることをMCとして、しっかり言葉で届けたい」

 ○…MCを始めたきっかけは、OL時代に友人から結婚披露宴の司会を頼まれたこと。学生のとき演劇部だった経験を生かしたことが好評で、人づてで依頼が舞い込むように。「技術に自信はなかったけど、幸せそうな表情を見るのが楽しくて」。派遣登録し本業の傍ら司会業に取り組んだ。「会場で、イベントと観客をつなぐパイプ役になりたい。目立たなくても、見てほしい人や出来事はたくさんある。MCとして注目するきっかけを作る人になれれば」

 ○…東京都出身。生まれつき心臓に病気があり、幼い頃は親から「とにかく走らないで」と言われて育った。そのためか「学生時代は暗い子だった」と振り返る。「背が高くておかっぱ頭だったから、マッチ棒と言われるくらい」と笑い飛ばす。裕福ではなかった家庭で「学費は自分で負担する」と親を説得し、進学高校から英語の専門学校へ。家の近くにできた飲食店で深夜バイトに励み、外資の銀行へ就職。自分で決めた人生を歩き出したことで、明るい性格へと変化していく自分に気付いた。

 ○…車の運転が好きで、気分転換はドライブ。「人の送り迎えが苦ではない」と、人好きな一面ものぞかせる。昔は他人を羨んだこともあったが、目の不自由な父や重い持病がある息子と暮らす友人からもらった「気付き」が今も、人生の指標になっている。「無いものを数えるのではなく、今あるもので幸せを感じられる、そんな人でいたい」。

中原区版の人物風土記最新6

三堀 さき子さん

中原区子ども会連合会の最年長役員で、相談役を務める

三堀 さき子さん

小杉陣屋町在住 92歳

10月22日号

時田 正枝さん

木月こどもキッチンの代表で、「オズみんなの食堂」の運営に携わった 食を軸に出会い紡ぐ

時田 正枝さん

木月在住 55歳

10月8日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月1日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

市内在勤 45歳

9月24日号

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook