中原区版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

自立支援センター 定員拡充にホテル活用へ 利用率9割超、市が対策

社会

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
高津区の自立支援センター「生活づくり支援ホーム下野毛」
高津区の自立支援センター「生活づくり支援ホーム下野毛」

 失業などによる生活困窮者やホームレスを一時的に受け入れ、住まいや食事を提供する川崎市の施設「生活困窮者・ホームレス自立支援センター」。今春のコロナ禍で市内3カ所ある施設の利用率が9割を超えたため、市は市内ビジネスホテルの空室を充てることを8月に決定した。

 川崎区と幸区、高津区にある3カ所のセンターを合わせた定員は145人。同センターでは利用者の就労や生活の自立に向けて、住まいや食事を原則3カ月間提供している。施設内の就寝スペースや相談員の人数には限りがあるため、市担当者は「利用者の増加により、サービスの質が低下する可能性もある」との懸念を示す。

経済効果に期待も

 市は8月に発表した緊急経済対策の改定版で、定員拡充への施策を提示。今年度中に20人が90日滞在できる部屋を確保しようと、予算約1700万円を計上した。市議会の審議を経て予算成立後、市は早期の運用開始を目指し、ホテルの選定と調整を進める予定だ。

 今回の緊急対策に対し、ビジネスホテル側では経済効果を期待する声もある。観光客減少が進む今春以降、市内ホテルの従業員の一人は「例年通りの集客にはほど遠く、空室も未だに目立つ。条件にもよるが、利用してもらえるのはありがたい」と話す。

 一方で、ホテルでセンター同様の支援ができるか、不安視する声もある。ホテルを活用する場合、相談員が必要に応じて訪問することも検討中。一般客への影響も考慮し、利用者の支援の度合いに応じて条件を設ける必要もありそうだ。

中原区版のローカルニュース最新6

水の循環「意識して」

等々力水処理センター

水の循環「意識して」 教育

児童の作品約530点

10月22日号

市民の健康願い寄付金

市民の健康願い寄付金 社会

明治安田生命が市に171万円

10月22日号

『川崎の町名』改訂へ

『川崎の町名』改訂へ 社会

24年の刊行目指す

10月22日号

「こどものまち」を撮影

ミニカワサキ

「こどものまち」を撮影 教育

11月上旬に公開予定

10月22日号

住宅地が回復傾向に

中原区基準地価

住宅地が回復傾向に 経済

9地点中8地点で上昇

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook