中原区版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

「大きく育ってびっくり」 新城小5年が稲刈り

教育

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena

 新城小学校で9月29日、5年生の児童ら約150人が地域住民協力のもと校内の田んぼで稲刈り体験を行った=写真。

 この取り組みは社会科で日本の農業について学ぶ5年生を対象に15年ほど前から実施。田植え時季の6月はコロナ禍で分散登校となったが、対策を講じ例年通り田植えを行い、収穫期を迎えた。

 当日は、中原区内で農業を営む井上荘一さんと井上宗高さんから、鎌の持ち方や稲を刈るコツを学び実践。はじめは恐る恐るだった児童も次第にコツを掴み、和気あいあいと楽しむ様子が見られた。児童らは「力が必要で難しかった」「何度も挑戦してやり方が分かった」などと感想を口にした。荘一さんによると例年と比べ、今年は実りがよく「長い梅雨が明けて急に暑くなった。この気候差で立派に育ったのでは」と分析。収穫した稲は11月頃、全員でおにぎりにして味わう予定だ。

 同校の伊東芳男校長は「児童らには米作りを通してたくさん自然と触れ合ってほしい」と話す。

稲を束ねる児童ら
稲を束ねる児童ら

中原区版のローカルニュース最新6

「女性活躍」新たに18社

川崎市

「女性活躍」新たに18社 社会

中原区は計8社に

1月22日号

川崎市中原区に「近代三種」で全国3位の実力者

大谷戸小4年 志村佳祐君

川崎市中原区に「近代三種」で全国3位の実力者 社会

大谷戸小学校4年の志村佳祐君「夢は近代五種のプロ」

1月22日号

今井小で万引き防止授業

今井小で万引き防止授業 教育

中原署が紙芝居など交え

1月22日号

周年記念にエコバッグを

周年記念にエコバッグを 文化

デザインから完成までワンストップ

1月22日号

地域の交通安全推進

地域の交通安全推進 社会

委員25人、中原署から委嘱

1月22日号

LGBT、企業理解深めて

LGBT、企業理解深めて 社会

川崎区でセミナー

1月22日号

不動産高額買取強化中‼︎

武蔵小杉で50年の実績と信頼、(株)山協商事にお任せください

https://sankyoushouji.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク