中原区版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

市政報告 市民の命を最優先に保健所体制の強化を 日本共産党川崎市会議員団 おおば裕子

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena

 減災の視点からも保健所に注目してみました。9月の新型コロナ感染者数は、第一波ピーク時の約2倍です。ところが受け皿となる保健所体制は、削減し続けた結果、感染症対応が脆弱です。全国の保健所は、1992年には852カ所に設置されていましたが、2019年には472カ所と45%も減少。川崎市でも感染症対策のためと16年から7保健所を1保健所と7支所体制に移行しました。市は、20年間で人口は30万人増えたのに、保健所の職員数は422人から369人と53人も削減。職員は、陽性者の追跡調査などの仕事量が増え大変な激務となっており、他部所の職員が対応しても足りない状態です。市民の命と健康を守ることが自治体の本来の役割であり、「公助」を土台にした体制が必要です。早急に、保健所職員を増やし、保健所体制、接触者追跡体制など強化すべきです。

大庭裕子

市役所第2庁舎7階

TEL:044-200-3360

http://www.ooba-yuko.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

下沼部小学校の通学路を安全に!地元の声を届ける要望活動

市政レポートVol.20

下沼部小学校の通学路を安全に!地元の声を届ける要望活動

川崎市議会議員 吉沢 直美

10月22日号

政権交代で、いのちと暮らしを守る新しい政治を

意見広告

政権交代で、いのちと暮らしを守る新しい政治を

日本共産党 前衆議院議員 はたの君枝

10月15日号

「変えよう。」

意見広告

「変えよう。」

立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月15日号

幼稚園「保育料補助」等で、保護者の負担軽減を

市政報告

幼稚園「保育料補助」等で、保護者の負担軽減を

日本共産党川崎市会議員団 おおば裕子

10月15日号

生理用品の無償提供

県政報告

生理用品の無償提供

日本共産党神奈川県議会議員 君嶋ちか子

10月15日号

「移動の権利」確保に全力で

市政報告

「移動の権利」確保に全力で

日本共産党川崎市会議員団 市古 次郎

10月15日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook