中原区版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

生涯学習プラザ シニアへ一部無料開放 「いこいの家」機能を実行

社会

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena
無料開放を始めた活動室(上)と会議室の2部屋
無料開放を始めた活動室(上)と会議室の2部屋

 川崎市生涯学習プラザ(今井南町)が10月から、シニア向けに一部施設の無料開放を始めた。これまで今井地区になかった老人いこいの家の機能を、同プラザを会場にして実行する試み。既存施設を活用して、地域交流の活性や健康増進を図る。

 生涯学習プラザは会議室や多目的室などを貸し出し、広く市民に学習機会を提供する施設。(公財)川崎市生涯学習財団が運営しており、通常は有料貸出となっている。

 今回初となる無料開放は、市内在住の60歳以上の人が対象。気軽に交流し、心身の健康増進を図る。毎週火・金曜の午前9時から午後5時までで、2部屋を開放する。1つは予約不要のフリースペース。読書や談話など自由に利用でき、常設されている囲碁と将棋も利用できる。もう1部屋は、2時間ごとの予約制で、ヨガや健康体操などのサークル活動に団体が利用できる。メンバーの概ね半数が60歳以上であることが条件。同財団の広瀬進さんは「3密対策も取り組んでいます。ご利用ください」と話す。

 この試みは、中学校区に1カ所設置されている「老人いこいの家」を担当する市健康福祉局の協働事業。同プラザがある今井地区はこれまで、老人いこいの家が設置されておらず、近隣住民からは「総合自治会館(小杉町)の跡地を利用して整備してほしい」という要望の声があがっていた。

 市担当者は「既存の施設を活用し、いこいの家の持つ機能を展開していく。地域交流の場になれば。実績に応じ、利用できる機会を増やすことも検討したい」と話した。

 長年、今井地区に「いこいの家」の整備を訴えてきた女性(79)は「気軽に毎日、通える場所が欲しい。週2日では使い勝手がよくなく、高齢者の利用は進まないのでは」と話していた。

中原区版のトップニュース最新6

「1千万円超」請求漏れ

井田病院光熱水費

「1千万円超」請求漏れ 社会

市、経緯公表も疑義あらわ

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 政治

税収大幅減で来年度

10月23日号

シニアへ一部無料開放

生涯学習プラザ

シニアへ一部無料開放 社会

「いこいの家」機能を実行

10月16日号

「丸子の渡し」動画で周知

復活協議会

「丸子の渡し」動画で周知 文化

祭り中止も、継承絶やさず

10月16日号

中学総体で初試合

等々力球場

中学総体で初試合 スポーツ

西中原など4強が熱戦

10月9日号

「医療に寄付」3千万円超

ふるさと納税

「医療に寄付」3千万円超 社会

市、税収流出に歯止め

10月9日号

やすらぎ永代供養 東樹院 

合祀10万円(※その他のプランもあり)見学会実施中 無料送迎致します

http://www.tojyuin.com/

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク