中原区版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

川崎市内中小企業 景況感「依然厳しく」 川信調査、8期連続マイナス

経済

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena

 川崎信用金庫は9月29日、今年7〜9月期の市内中小企業動向調査の結果を発表し、「景況感は依然厳しい」との見方を示した。

 景気が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」を引いた、景況感を示す業況DIはマイナス48・4。調査を開始した1990年以降最悪だった前期(4〜6月)のマイナス59・0より10・6ポイント改善したものの、全7業種で二桁のマイナス値となった。次期(10〜12月)についてはマイナス46・9とほぼ横ばいで、8期連続でマイナス値となる見通し。同信金の担当者は「経済活動が再開し、多少上向きの兆しはみられるが、先行きは不透明」と話し、新型コロナウイルスの感染拡大による影響は今後も続くとみられる。

「見通し立たず」3割

 同信金では今回初めて、コロナ禍における中小企業の対応に関する調査を実施。売上高がコロナ前の水準に回復する時期について、「2021年中」とした企業が27・1%、「22年中」は14・4%。「戻ることはない」「わからない」は32・8%で、約3分の1を占めた。

 正社員の雇用や一人当たり支給額(給与・手当・賞与等)の方針については、「雇用、支給額とも維持・増加」とした企業が60・0%、「雇用は維持・増加し、支給額を減らす」は16・6%、「雇用を減らし、支給額は維持・増加」は5・9%などとなった。テレワークや在宅勤務など出社を必要としない就労形態の実施の有無については、「実施していない」企業が8割に上った。

 調査は同信金の取引先を対象に9月上旬に実施し、511社から回答があった。

中原区役所

中原区民祭のポスター応募作品展示中

https://www.city.kawasaki.jp/nakahara/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6

中原署、取り締まり強化

中原署、取り締まり強化 社会

相次ぐ交通死亡事故受け

10月30日号

14サークルが集結

14サークルが集結 文化

11月11日から、中原市民館で

10月30日号

かわさきハワイアン

いじめ認知 過去最多

川崎市立小中学校

いじめ認知 過去最多 教育

 市、調査結果を発表

10月30日号

差別・偏見なくして

新型コロナ

差別・偏見なくして 社会

岡部所長が講演

10月30日号

初の「たかつ寄席」

初の「たかつ寄席」 文化

11月27日 小遊三さんら出演

10月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク