中原区版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

武蔵小杉駅南口前市道 2日間、歩行者天国に 中原区が社会実験

社会

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena
歩行者天国となる市道小杉町21号線
歩行者天国となる市道小杉町21号線

 武蔵小杉駅南口前の市道が11月7、8日の2日間、歩行者天国になる。中原区が行う社会実験で、車両通行禁止とし、飲食スペースや読書コーナーなどを設ける。居心地を重視した利用しやすい空間を駅前に作ることで起こる、街の変化を調査する目的。

 歩行者天国では、飲食店のテイクアウトを楽しめるよう椅子とテーブルを設置したり、読書や勉強、仕事に取り組めるスペースを設ける。また、こたつや芝を敷いてくつろいだり、遊べる空間も演出する予定だ。当日は実験の影響を把握するため、利用者アンケートやアクティビティ調査、周辺の車両交通量調査を行う。区担当者の稲葉理一郎さんは「人口が増える中で、車にも歩行者にも使いやすい駅前空間を議論する一歩にしたい。体験してもらい、率直な意見がほしい」と話す。

 実施時間は、両日ともに午前11時から午後4時まで。車両の進入は、午前9時30分から午後5時30分まで禁止。雨天の場合は翌週の11月14、15日に延期。

 再開発が進む武蔵小杉駅南口前は、「コスギサードアヴェニュー」が6月に完成。こすぎコアパークもより魅力的な空間を創出するため飲食・物販店などを設置する工事が今月開始された。同エリアは以前から、休憩スペースが少なく通過のみに利用される場合が多く、イベント時以外の活用に課題があった。また、周辺住民からは「ゆっくり座れる場所がほしい」「くつろげる場所がほしい」という声が寄せられていた。

 協同組合武蔵小杉商店街の大野省吾理事長は「横断歩道の少なさなど、商業施設の回遊性に関しては課題もある。調査結果を冷静に見守りたい」と話した。

中原区版のトップニュース最新6

等々力舞台に動画配信

音楽フェス「インユニティ」

等々力舞台に動画配信 文化

1月公演へ向け、PR

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

キャリア教育に「SDGs」

新城小

キャリア教育に「SDGs」 教育

富士通、オンラインで協力

11月13日号

風水害とコロナに備え

市総合防災訓練

風水害とコロナに備え 社会

避難場所分け、対応確認

11月13日号

在籍者10年で1.5倍

市立小中特別支援学級

在籍者10年で1.5倍 教育

教員数の確保に課題

11月6日号

橘、女子初V

県高校駅伝

橘、女子初V スポーツ

5年間の思いつなぐ

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク