中原区版 掲載号:2020年12月11日号 エリアトップへ

自治会町内会 市広報誌、謝金見込めず 配布作業休止 財源に影響

社会

掲載号:2020年12月11日号

  • LINE
  • hatena
10月以降の市政だより
10月以降の市政だより

 川崎市は感染症対策として、主に自治会・町内会が担ってきた「かわさき市政だより」の一部配布について、依頼を見合わせている。配布謝礼金が途絶えた多くの自治会・町内会は財政難に直面。収入減による今後のイベント運営を不安視する声を受け、市は配布方法の選択制など支援策の検討に入った。

 配布方法を巡っては、市が8月に行ったアンケートで、9月以降の配布依頼の休止を約8割の配布団体関係者が「適切」と回答。市全町内会連合会の瀧村治雄会長も「命が最優先なので致し方ない」と理解を示す。その一方で「配布作業で得られる謝礼金は貴重な財源になっている。何もしなくても必要経費はかかる。コロナ収束後のイベント開催にも大きな影響がでるのでは」と不安を募らせる声もある。

 市政だよりは月2回発行。これまで主に町内会・自治会などが1日号の配布作業を担い、21日号は新聞折り込み。市は5月から8月にかけて1日号の発行を休止。9月から月2回の発行体制を再開したが、室内での仕分けや戸別配布に対する感染症防止の観点から、1日号については、引き続き町内会などによる配布を見合わせ。12月から委託業者によるポスティングに移行した。

 市総務企画局によると、市政だよりの配布作業に対する謝礼金の昨年度予算は、約1千団体に対し約5千万円。配布作業休止で、今年度は4月分のみ支払われる予定だ。市担当者は「民間委託は、町内会などに作業を依頼できない中での一時的な措置。状況が落ち着けば、配布団体の実情に応じて配り方を選べるようにしていく」と理解を求めている。

市、財政支援検討へ

 今年度の配布謝礼金が見込めなくなった市全町連は、市に補助金の新設を求めた。4日の市議会では、運営に支障がでる変更を問題視する指摘に対し、市民文化局長が「他都市を参考に支援策のあり方について検討を進める」と答弁。横浜市では自治会町内会の地域活動に対して、補助金が交付されている。

中原区版のトップニュース最新6

対等な学び重ね 100回

こすぎの大学

対等な学び重ね 100回 社会

地域の仲間づくりを促進

4月16日号

開かずの踏切、改善へ一歩

平間駅

開かずの踏切、改善へ一歩 社会

JR 新たな制御装置導入

4月16日号

4人に1人が私立中学

中原区

4人に1人が私立中学 教育

進学率、5年連続上昇

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

18年の活動に幕

自共生

18年の活動に幕 社会

放置自転車改善で功績

4月2日号

ご当地体操、「ご自宅で」

パンジー隊×中原区

ご当地体操、「ご自宅で」 社会

NECが協力し、動画刷新

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter