中原区版 掲載号:2020年12月11日号 エリアトップへ

小杉新複合施設周辺 駐輪禁止を呼びかけ 先月、対象区域に

社会

掲載号:2020年12月11日号

  • LINE
  • hatena
放置自転車が散見される同施設内
放置自転車が散見される同施設内

 川崎市は先月6日、武蔵小杉駅周辺の「自転車等放置禁止区域」を拡張した。施行から1カ月経ち放置自転車が見られており、同施設の関係者は周知に努めている。拡張は複合施設コスギサードアヴェニュー周辺道路の供用開始に伴うもので、同施設周辺の放置自転車は即時撤去の対象となる。

 同施設は7月にオープンし、11月上旬にはみずほ銀行など7店舗が開店。賑わいを見せる一方で、看板で周知しているにも関わらず放置自転車が散見される。同施設の管理組合担当者は「銀行がオープンしてATMを使う数分間だけだからと、禁止区域なのに停めてしまう人が多い。1台あると、停めてもいいと勘違いされて後に続くので、結果的に放置自転車が増える」と話す。

 同施設の関係者らだけでなく、先月からは区の道路公園センターの職員らも参加し、ほぼ毎日対象者に声掛けを実施。その際、近隣にある2時間無料の駐輪場の利用を推奨しているが、改善の傾向は見られないという。同センターの担当者は「駐輪場が少し遠いことが改善されない一因。声掛けを継続するとともに、放置自転車の台数次第では啓発の強化も考えていく」と話す。

放置自転車10年前より大幅減

 放置自転車対策に取り組んできたボランティア団体・自転車と共生するまちづくり委員会(川連昌久委員長)が、来年3月末に解散を控えている。同会は、武蔵小杉駅周辺の放置自転車を減らそうと2012年に設置され、駅周辺での呼びかけや交通安全パレードなど啓発活動に努めた。

 区によると、約10年前には区内で年間2万台以上の放置自転車が撤去対象となっていたが、2019年には約6千台にまで減少した。

 解散を目前に控え、小杉エリアで新たに発生した課題について川連委員長は「何とか協力したい気持ちはあるが、会員は現在3人。高齢化もあり活動を続けるのは難しい」と理解を求めた。

中原区版のトップニュース最新6

被災の歴史、後世へ

市民ミュージアム

被災の歴史、後世へ 文化

市、新施設の「考え方」示す

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

「室内プール」で復活へ

等々力緑地再編整備

「室内プール」で復活へ 教育

ストリート系専用広場も

11月26日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

初の関東で実力示す

サッカーAC等々力

初の関東で実力示す スポーツ

「史上最強」でリーグ昇格も

11月19日号

CO2濃度、影響を検証

平間小

CO2濃度、影響を検証 社会

3者連携で実証実験

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook