中原区版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

井田共和会第4町会 児童自ら「安全マップ」 登戸の事件受け、区と連携

社会

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena
「安全マップ」を作成する児童ら
「安全マップ」を作成する児童ら

 井田共和会第4町会の児童らが先月19日、犯罪が起こりやすい場所を自ら調べてまとめた「安全マップ」を作成した。多摩区登戸で児童らが殺傷された2019年の事件を教訓に、中原区が町内会と連携した初の試み。

 児童4人とその保護者らは区の担当者から、不審人物の風貌や犯罪が起こりやすい危険な場所など被害に遭わないための対処法について学んだ。実際に地域を歩き、細い路地や駐車場にある死角など危険な場所に目を光らせた。

 マップ作成にあたっては「悪い人がかくれたりしやすい」「ガードレールがないところはつれこまれるからあぶない」などと探索で実際に見聞きした内容を書き出した。参加した児童は「細い道や駐車場は周りから見えにくく、連れ込まれたら危ないところだと分かった」と話した。作成したマップは今月中に区ウェブサイトで公開する予定。

 一昨年の登戸殺傷事件を受け「子ども達には自分自身で犯罪から身を守る力を身に付けてほしい」と区の担当者がこの企画を発案。区内75の町会に案内を行うも、新型コロナの影響から多くの町会が実施を見送った。そんな中で実施を決断した同町会の阿部照明さんは「子どもの防犯になればと思い、コロナ対策を講じて開催した。子どもたちが積極的に参加する姿が見られたのでやってよかった」と振り返った。

 今月末には平間小学校の3年生を対象に実施予定。区担当者は「危険な場所を学ぶことは、子どもたちが自分自身で命を守ることにつながる。まずは町会を中心に取り組みを継続したい」としている。

不動産高額買取強化中‼︎

武蔵小杉で50年の実績と信頼、(株)山協商事にお任せください

https://sankyoushouji.com/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

平間小が 「特別賞」

SDGsアワード

平間小が 「特別賞」 社会

全国3校目、地域活動に評価

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 社会

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

「新化(しんか)」のまちづくりを

「新化(しんか)」のまちづくりを 社会

永山区長、2021年を語る

1月8日号

児童自ら「安全マップ」

井田共和会第4町会

児童自ら「安全マップ」 社会

登戸の事件受け、区と連携

1月8日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

史跡に案内板を設置

宮内自治会

史跡に案内板を設置 文化

地域の記憶を後世へ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク