中原区版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

南武線立体交差 市税減収で計画に遅れ 「開かずの踏切」 は対策検討

社会

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena
再整備が進む等々力緑地
再整備が進む等々力緑地

 川崎市は1月29日、JR南武線の立体交差化に向けた今年度中の事業推進手続きを見送ることを公表した。市税減収による収支不足の拡大などを受けた措置。来年度末までに財源や人材確保に向け検討を進め、実施計画素案で結果を示す。「開かずの踏切」については早急にできる対策を検討するとしている。

  ◇  ◇  ◇

 川崎市は「JR南武線連続立体交差事業」を進めるにあたり、今年度中の都市計画決定、来年度から整備に向けた取り組みを推進するスケジュールを示していた。

 市は、新型コロナの影響による市税減収が220億円と見込まれることなどを受け、「今後の経済動向の見通しが立たない」として、大規模投資事業への慎重な検討が必要と判断。計画を見直していく。

 同事業は矢向駅から武蔵小杉駅間(約4・5Km)で南武線を高架化し、9カ所の踏切を取り除く計画。同区間には、開かずの踏切(1時間あたりの最大遮断時間が40分以上の踏切)が5箇所あり、渋滞発生や歩行者の安全性低下、緊急車両の通行の妨げなどが課題となっている。

 総事業費は1479億円、期間約20年を想定していたが、市は更なる事業費の縮減や工期短縮などについて検討を行い、行財政運営の見通しを踏まえた計画とする。開かずの踏切対策が早期に必要とされる平間駅前などについては、早急に実施できる暫定的な対策を検討していくという。

 同事業に向けては2007年に立体交差化に関する請願(署名約5万5000人)が市議会で採択され、14年から事業化に向けた調査などが進められている。

等々力緑地再編にも影響

 市税減収が影響し、計画の遅れが懸念される大規模事業として等々力緑地再編整備事業もあがる。

 令和元年東日本台風の影響を受け昨年2月、既存計画に防災・減災の視点などを加えて「同事業の推進に向けた今後の取組方針」をとりまとめたばかり。そこに今回、新型コロナによってもたらされた社会変容や新たな市民ニーズも取り入れた計画に改定するため、市は「時間を確保する必要がある」という。

 市担当者によると、今年6月を目途に具体案を示す「等々力緑地再編整備実施計画(改定骨子)」として取りまとめを行う予定。
 

働くなら地元!正社員募集中

今年創業100年の㈱横滝では販売営業、配送スタッフを募集しています

http://www.yokotaki.co.jp/

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6

大八木監督「原点は川崎」

2021年 箱根駅伝優勝校 駒澤大学

大八木監督「原点は川崎」 スポーツ

本紙対談企画 川崎市役所陸上競技部の先輩・皆川氏と再会

2月26日号

2021年箱根駅伝 優勝校・駒澤大学 大八木監督「原点は川崎」川崎市役所陸上競技部の先輩・皆川氏と再会

【Web限定記事】対談企画

2021年箱根駅伝 優勝校・駒澤大学 大八木監督「原点は川崎」川崎市役所陸上競技部の先輩・皆川氏と再会 スポーツ

駒澤大学陸上競技部・大八木弘明監督 × 川崎市陸上競技協会・皆川敏明理事長

2月26日号

クラブの原点振り返る

フロンターレ天野さん

クラブの原点振り返る スポーツ

市商連のオンライン講演で

2月26日号

市内企業、魅力を熱弁

市内企業、魅力を熱弁 社会

就職フェスタに学生ら26人

2月26日号

両区で3氏が立候補準備

衆院選神奈川第10区、18区

両区で3氏が立候補準備 社会

2月26日号

自主練励み、進化遂げ

西中原中男子バレー

自主練励み、進化遂げ スポーツ

県新人戦で優勝の実力

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク