中原区版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

総合自治会館跡地 農業で交流育む場に 市、東レ建設と協定締結

社会

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena
トレファーム内部(イメージ)
トレファーム内部(イメージ)

 川崎市総合自治会館跡地(小杉町3丁目)の土地活用を行う事業者が東レ建設(株)に決定。川崎市は2月2日、同社と基本協定を締結した。高床式栽培台を使った農業を中心に飲食や保育施設、クリニックを併設し、多世代交流を促す街の拠点を目指す。

 東レ建設が掲げるのは、同社の「トレファーム事業」を活用した多世代交流の場の創出。ビニールハウス内に高床式栽培台を設置した農園で、直立で作業できるため腰への負担が少なく、子どもから高齢者、車椅子利用者とともに作業が可能。収穫までの農作業を参加者で分業する仕組みも導入し、誰もが気軽に本格的な野菜作りに挑戦できる。

 この「農」事業を軸に、「食」と「健康」の3つをテーマにした事業を展開する。「食」では、収穫した野菜を使った料理などが楽しめる飲食施設やショップを展開。運営には区内で飲食事業を営む(株)ナチュラが協力する。また「健康」では、子育て世代が多い地域特性に合わせて、産前産後の女性を中心に家族をケアする施設や保育施設、クリニックなども併設する。子育て支援事業を担うのは(一社)クレイドル。このほか地域交流スペースなども備えた施設全体を、同社関連会社の東洋コミュニティサービス(株)が運営する。

 東レ建設の担当者・内田佐和さんは「再開発で都市化が進む武蔵小杉だからこそ、地域の方に農業に触れる機会を提供したいと考えた。農業は二ヶ領用水の歴史的背景とも重なる部分があり、立地にも可能性を感じている。多世代交流に貢献し、武蔵小杉の”ふるさと”となれるよう頑張りたい」と話す。

 施設は今年4月以降に着工し、2022年度中の運用開始を目指す。事業期間は20年間。

 事業者を選定する提案審査部会に地域団体代表として参加した中原区町内会連絡協議会の富岡昭三副会長は「若い人から高齢者まで幅広い人を対象にしていた点がよかった。賑わう場所になることを期待している」と話している。
 

働くなら地元!正社員募集中

今年創業100年の㈱横滝では販売営業、配送スタッフを募集しています

http://www.yokotaki.co.jp/

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

「内水」で2割浸水予測

中原区内

「内水」で2割浸水予測 社会

市、最大規模想定 マップ公表

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

市内初の宿泊療養施設に

【Web限定記事】リッチモンドホテル

市内初の宿泊療養施設に 社会

25日から受け入れ開始

2月19日号

青色回転灯、15台に増設

【Web限定記事】中原区予算案

青色回転灯、15台に増設 社会

パトロール体制強化へ

2月19日号

農業で交流育む場に

総合自治会館跡地

農業で交流育む場に 社会

市、東レ建設と協定締結

2月12日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 社会

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク