中原区版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

江川沿い泳ぐ鯉のぼり 風物詩、6年ぶりに復活

文化

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena
色とりどりの鯉のぼりを披露する萩原さん
色とりどりの鯉のぼりを披露する萩原さん

 江川せせらぎ遊歩道の下小田中と高津区明津の境で、一足早い鯉のぼりが道行く人の目を楽しませている。掲揚したのは近くに住む萩原動(いさお)さん(76)。2015年以来で、大小さまざまな30匹を掲げた。

 萩原さんが初めて同所に鯉のぼりを掲揚したのは9年前。端午の節句に鯉のぼりを掲げる家が少なくなったと感じ、「近所の子どもたちに喜んでもらえる機会を作りたい」と企画。下小田中の農家らの寄付で集まった300匹以上の鯉のぼりは、江川の春の風物詩として親しまれていた。

 いたずらで紐を切られて鯉のぼりが落下して以降、安全性を保障できないと中断していたが、近隣住民からの要望を受けて6年ぶりに再開。安全性確保のため数を減らした分、長く楽しんでもらおうと3月末に掲揚した。萩原さんは「さっそく子どもから高齢者までが足を止めて見物してくれている。うれしい」と目を細めた。

 鯉のぼりは5月5日頃まで楽しめる。

中原区版のローカルニュース最新6

江川沿い泳ぐ鯉のぼり

江川沿い泳ぐ鯉のぼり 文化

風物詩、6年ぶりに復活

4月9日号

聖火リレー 市内6月30日に

聖火リレー 市内6月30日に スポーツ

最高齢ランナー五島さん意欲

4月9日号

アーケード、実際は開くの?

まちの「はてな」に迫る【2】

アーケード、実際は開くの? 文化

武蔵新城の商店街

4月9日号

事故ゼロへ、地域一丸

事故ゼロへ、地域一丸 社会

春の交通安全運動

4月9日号

U25で「地元」考える

U25で「地元」考える 社会

市内の若者集う初会合

4月9日号

北京に向け強化合宿

パラアイスホッケー

北京に向け強化合宿 スポーツ

市内在住 石川さん参加

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク