中原区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

(PR)

川崎じもと応援券 利用期限5月31日まで 「使い忘れにご注意を」

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市が新型コロナウイルスの影響で売上が大幅に減少している市内の飲食店や生活関連サービスなどでの消費を促す目的で発行したプレミアム付き商品券「川崎じもと応援券」の利用期限が5月31日(月)までと迫っている。当初1月31日までだった利用期限は緊急事態宣言の再度の発出などをうけ、2度にわたり延長された。4月25日までに発行部数87万冊、総額113億1千万円のうち約104億4730万円分が利用された。

 同券は飲食店、小売店以外にも、リフォーム、ホテル、クリニック・歯科医院・動物病院、クリーニング、タクシー、学習塾・習い事、理美容、銭湯、マッサージ・エステなどでも利用できる。

 市の担当者は「券を使うことがお店の応援につながるので、1枚も残すことなく使い切っていただきたい」と利用を呼び掛ける。

第2弾受付中

 「川崎じもと応援券第2弾」の購入申込も始まっている。

 第2弾は1冊1000円×12枚(1万2千円分)で、価格は1万円。利用期間は7月16日(金)から12月31日(金)まで。購入申込期間は5月24日(月)まで。

 詳細は特設ホームページ(じもと応援券第2弾で検索)か、川崎じもと応援券第2弾コールセンター(【電話】0120・300・582)へ。

JTB(川崎じもと応援券)

https://premium-gift.jp/kawasaki-jimoto/

中原区版のピックアップ(PR)最新6

イベントを通して豊かなまちへ

イベントを通して豊かなまちへ

NPO法人カワサキミュージックキャスト

6月11日号

コロナ禍の葬儀、どうすれば?

コロナ禍の葬儀、どうすれば?

80代女性の相談「施設に入っている主人が心配」

6月11日号

「電気三輪自動車」で世界へ

今年中に販売開始予定

「電気三輪自動車」で世界へ

(株)日本エレクトライク

6月11日号

生コンに「もったいない精神」を

生コンに「もったいない精神」を

 宮松エスオーシー

6月11日号

植物由来100%の実現めざす

地球、食材、身体に優しい

植物由来100%の実現めざす

(株)ユニオン産業

6月11日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter