中原区版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

RSウイルス 時季外れの流行 例年の約3倍、市「原因不明」

社会

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena

 発熱や咳を主症状とするRSウイルス感染症患者の報告数が現在、市内で急増している。

 RSウイルスは、ほとんどの人が2歳までに感染し、例年は夏ごろから流行し年末にピークを迎える。市内では今年、3月から徐々に増加。2021年第16週(4月19〜25日)の報告数は24人で、過去5年間の同時期平均は約7人。例年の約3倍で、25日時点で右肩上がりを続けている。時季外れの流行に、市健康福祉局の担当者は「コロナ対策でインフルエンザの患者報告数は激減したが、同じ感染経路のRSウイルスは増えている。原因は今のところ分かっていない」と話す。

 乳児や基礎疾患のある子ども、高齢者は重症化することもあるRSウイルス。感染者の飛沫やウイルスの付着した物品などを通して感染が広がり、同局の担当者は、手洗いやおもちゃの消毒除菌を推奨している。

中原区版のローカルニュース最新6

「目の検診、充実を」

市眼科医会

「目の検診、充実を」 社会

副市長に要望

6月11日号

3人体制で新たな一歩

3人体制で新たな一歩 文化

川崎純情小町☆

6月11日号

警察署窓口、4時までに

警察署窓口、4時までに 社会

オンライン化に向け試行

6月11日号

所属委員会決まる

神奈川県議会

所属委員会決まる 政治

6月11日号

川崎、ファンと結束強め

バスケB1

川崎、ファンと結束強め スポーツ

感謝祭に1400人超

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter