中原区版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

(PR)

SDGsは人類の課題「ブレーメン通りから発信を」 モトスミ・ブレーメン通り商店街

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena
ブレーメン通り商店街について語る伊藤理事長
ブレーメン通り商店街について語る伊藤理事長

 環境保護への積極的な姿勢が評価され、地球温暖化防止活動 環境大臣表彰を受賞したこともあるモトスミ・ブレーメン通り商店街。エコ活動には長年、注力してきた。

 同商店街でエコ活動が始まったのは25年前。友好提携を結ぶブレーメン市がある国ドイツを見習いエコバック利用の推奨を始めたのがきっかけだ。以来、▽過剰包装の禁止や▽段ボールの再利用▽傘袋の廃止など、各店舗が環境によい取り組みを宣言して行う「一店一エコ運動」などに取り組んできた。活動継続のため、地域の小学生が各店舗にエコ運動の聞き取り調査をする「小学生エコ調査隊」を毎年開催するなど、工夫を凝らして取り組んでいる。

 「SDGsの視点で見てみると、エコ以外にも取り組んでいることはたくさんありますよ」と話すのは、同商店街の伊藤博理事長。

 2015年にスタートさせたICチップ付きポイントカード「ICブレカ」。全国でも珍しい商店街専用ポイントカードで、コミュニティセンターに訪れた75歳以上の人に健康ポイントとして、端末タッチで毎日1ポイントを付与している。また、近隣の高齢者施設へ店舗が商品を持って行く出張販売など、福祉的視点からの支援も積極的に行っている。

 恒例となっていた商店街の秋祭り「フライマルクト」では今年、SDGsをテーマに掲げる。「地球環境の維持は人類の課題。身近な所からできることも多いので、商店街から発信していければ」と伊藤理事長。

横に表示されている数字のアイコンは、SDGsの17の目標のうち、同企業の取り組みに該当する項目を一部掲載したものです
横に表示されている数字のアイコンは、SDGsの17の目標のうち、同企業の取り組みに該当する項目を一部掲載したものです

モトスミ・ブレーメン通り商店街

中原区木月1-29-18

TEL:044-422-3626

http://www.bremen-st.com/

中原区版のピックアップ(PR)最新6

イベントを通して豊かなまちへ

イベントを通して豊かなまちへ

NPO法人カワサキミュージックキャスト

6月11日号

コロナ禍の葬儀、どうすれば?

コロナ禍の葬儀、どうすれば?

80代女性の相談「施設に入っている主人が心配」

6月11日号

「電気三輪自動車」で世界へ

今年中に販売開始予定

「電気三輪自動車」で世界へ

(株)日本エレクトライク

6月11日号

生コンに「もったいない精神」を

生コンに「もったいない精神」を

 宮松エスオーシー

6月11日号

植物由来100%の実現めざす

地球、食材、身体に優しい

植物由来100%の実現めざす

(株)ユニオン産業

6月11日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter