中原区版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

(PR)

がんセンターに聞く治療の最前線【1】 前立腺がんは早期発見がカギ 切らずに治す「重粒子線」照射

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県立がんセンターはがんの診断や治療のほか、臨床に直結した研究も行っている。2015年には国内5カ所目の重粒子線治療施設「i─ROCK」が開所。その後も18年に前立腺センター設置や手術支援ロボット「ダビンチ」の導入など、先進的な医療に取り組んでいる。

10年生存率 早期は100%

 国立がん研究センターによると、2017年のがん罹患率で日本人男性の最多は前立腺がんだが「転移がなく早期発見できれば10年生存率は100%であり、適切な治療により治りやすい」と泌尿器科の岸田健副院長は話す。早期の発見には横浜市が行っているがん検診が有効。前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSA検査で高値を指摘された場合、がんセンター等の専門病院で精密検査を行う。「初期の場合は、重粒子線治療を始めとした放射線治療、ロボット手術による摘出などにより完治を得ることが可能です。特に重粒子線治療は、通常の放射線治療よりも照射回数が少なく、外来通院で治療ができます。いずれも保険適応されています」と岸田副院長。また、転移が見つかっても有効な薬があり、「病気を長期に亘り抑えることを目指しています」と話す。

神奈川県立がんセンター

横浜市旭区中尾2-3-2

TEL:045-520-2222

http://kcch.kanagawa-pho.jp/

中原区版のピックアップ(PR)最新6

上質な住空間を時とともに

上質な住空間を時とともに

地域に根付いた「KAHALA」ブランド

9月17日号

季節の移ろい感じる妙蓮寺

季節の移ろい感じる妙蓮寺

東急東横線「妙蓮寺駅」すぐ目の前

9月17日号

葬儀が「まるごとわかる」見学会

来場者プレゼント付き 9月25日 予約不要

葬儀が「まるごとわかる」見学会

9月17日号

後々の費用、一切なし4万円〜

納骨でお困りの方に「眞宗寺」の永代供養墓

後々の費用、一切なし4万円〜

生前申込み、改葬代行も可、期限付き「レンタル墓」も新たな選択肢に

9月17日号

医療ケアとリハビリテーションに特化したホーム

「武蔵小杉」駅徒歩9分、10月新規オープン

医療ケアとリハビリテーションに特化したホーム

フローレンスケア武蔵小杉

9月17日号

地元のおいしいもの「カッテコ!」

テイクアウトアプリ 武蔵小杉までエリア拡大

地元のおいしいもの「カッテコ!」

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook