中原区版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

児童指導員 商店街で「ルール守って」 夏の交通事故防止運動で

社会

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
歩行者に啓発グッズを手渡す児童
歩行者に啓発グッズを手渡す児童

 夏の交通事故防止運動(7月11日〜20日)の一環として、中原交通安全児童指導員らが13日、モトスミ・ブレーメン通り商店街で交通ルール遵守を呼びかけた。

 この日は児童指導員6人が参加。児童らは、自転車利用者向けに「左側通行」「危険!無灯火・傘差し・並列運転」と書かれたパネルを手に呼びかけ。自転車利用者や歩行者を呼び止め、啓発グッズ約150部も積極的に手渡した。参加した斉藤恵介さん(井田小6年)は「グッズを配れてよかった。みんなルールを守っていた」と話した。

 中原警察署、交通安全協会、区危機管理担当、交通指導員、対策協議会、住吉地区交通安全協力会、暴力団排除対策推進協議会からもメンバーが参加し、総勢23人でのキャンペーンとなった。

事故 昨年より増加

 今年の中原区内の交通事故件数は、7月1日時点で134件。外出自粛の影響で発生が少なかった昨年同時期と比べ、35件増となった。

 また、中原区は昨年の総交通事故件数に占める自転車事故の割合が県内で最も高い42・4%。県交通安全対策協議会によって「自転車交通事故多発地域」に指定されている。
 

パネルを手にして呼びかける児童ら
パネルを手にして呼びかける児童ら

中原区版のローカルニュース最新6

学力・学習状況調査

学力・学習状況調査 教育

川崎市、全国平均上回る

9月17日号

室内で多摩川体験

室内で多摩川体験 教育

新丸子こ文に親子15人

9月17日号

黒木 登志夫さん

がん研究の第一人者で、川崎市文化賞を受賞した

黒木 登志夫さん 文化

上小田中在住 85歳

9月17日号

路地裏でつまみぐい

路地裏でつまみぐい 経済

新丸子で18日から

9月17日号

中原区構想で新方針

都市マス

中原区構想で新方針 社会

策定14年、環境変化受け

9月17日号

6人2団体が受賞

市文化賞等

6人2団体が受賞 文化

中原区からは黒木さん

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook