中原区版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

公益社団法人川崎市看護協会の会長に6月に就任した 堀田 彰恵さん 今井上町在勤 60歳

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena

現場主義で「精一杯」挑む

 ○…市民の健康づくりや母子・高齢者・障害者を支援する保健師として市内で35年働いてきた。看護協会会長の重責は「今までの知識と経験だけでは足りない。勉強しながら」と受け止める。都道府県以外で協会があるのは全国で川崎だけ。「訪問看護や地域包括ケア。あってよかったと思ってもらうため、きめ細やかに支援したい」

 ○…静岡県出身。看護学校を卒業して助産師として働いた後、神奈川県の保健師学校へ。資格を取り、20代半ばで川崎市役所に入庁した。幸区、宮前区、多摩区を経て中原区の保健所に配属されたのは50歳頃。自転車で地域を走り回る中、双子の育児で疲弊する母親と出会い、一緒に育児グループを大戸地区で立ち上げた。「地域に入り込んで課題を見つけ解決を支援する。あくまで住民を主体に。目に見えない働きだけどそれが保健師であり、やりがい」。定年までの14年間は、本庁で虐待対策や小児医療に管理職として携わった。

 ○…仕事上のポリシーは「まずは行動」「失敗しても願い続けること」。多忙な日々でお笑い番組が息抜きに。「天性の妄想力で、そのネタ以上の世界を頭の中で膨らませてしまう」と笑う。課題解決のアイデアも「妄想力」が源だ。

 ○…家族を亡くし、「朝に紅顔ありて夕べに白骨となる」を心に留める。「仕事も人生も常に精一杯か。だらしない人間だが、そこだけは問うようになった」。末期がんや介護など様々な局面での生き方を見てきた。「皆が懸命に生きている。誰かのおまけの人生なんてない」と、出会いは価値観になった。会長を引き受けたのは、そんな経験ができた川崎への恩返しも込めて。まずは「看護現場に足を運んで情報を肌で感じたい」。培った現場主義で挑む。

中原区版の人物風土記最新6

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

市内在勤 45歳

9月24日号

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

光武(みつたけ) 勉さん

区内を拠点に、ハンドボールの普及に努める

光武(みつたけ) 勉さん

上小田中在勤 41歳

8月20日号

青柳 嘉隆さん

陣屋二丁目のドッジボールチームの監督として中子連の大会で5連覇させた

青柳 嘉隆さん

井田在住 63歳

8月13日号

西 智弘さん

市立井田病院の医師で、コミュニティカフェでコロナワクチン相談会を行う

西 智弘さん

井田在住 41歳

8月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook