中原区版 掲載号:2021年8月13日号 エリアトップへ

中原区出身山下さん いざ甲子園 「出塁決める」 日大東北のリードオフマン

スポーツ

掲載号:2021年8月13日号

  • LINE
  • hatena
守備では遊撃手の山下さん=本人提供
守備では遊撃手の山下さん=本人提供

 8月9日に開幕する第103回全国高等学校野球選手権大会に、中原区出身の山下日南太さん(16)が、福島県代表・日大東北高校のメンバーとして出場する。

 山下さんは西丸子小学校出身で、小杉陣屋一丁目子ども会野球部に所属。中原中学校時代は、川崎西リトルシニアで汗を流した。中3の頃、福島県大会で準優勝した同校の野球スタイルに惹かれ入部を決意。親元を離れ、「初めは慣れない寮生活に戸惑った」というが、別の学校に進んだ中学時代の仲間たちと連絡を取り合い、切磋琢磨しながら過ごしてきたという。「(学校所在地の)郡山市の夏の気温は39度に上り、川崎市よりも暑く感じる。冬は雪が降るし練習も大変だけど、先輩や仲間に恵まれて野球ができているのは幸せ」と充実感を漂わせる。

 福島県大会では、2年生ながら1番打者としてチームをけん引した山下さん。50メートル6秒4の俊足と巧打が持ち味で、決勝では光南高校に5ー4でサヨナラ勝ちを収めた。甲子園では大会5日目に、近江高校(滋賀県)との初戦を迎える。山下さんは「甲子園常連の強豪校だけど、とにかく出塁して、後ろの好打者につなげたい」と意気込みをみせる。
 

中原区版のローカルニュース最新6

過去5年で最多

川崎市火災件数

過去5年で最多 社会

要因に連続放火など

1月14日号

3月12日、開通

多摩川スカイブリッジ

3月12日、開通 社会

各種イベントも予定

1月14日号

「芝」がつないだ名将との縁

市立川崎高サッカー部

「芝」がつないだ名将との縁 スポーツ

故・小嶺忠敏さん秘話

1月14日号

未来志向の日韓交流へ

未来志向の日韓交流へ 社会

民団が新年の集い

1月14日号

プラ循環「成功させる」

プラ循環「成功させる」 政治

福田市長が新年の辞

1月14日号

地元企業らと連携

川崎競馬場

地元企業らと連携 スポーツ

プレゼントグッズを制作

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook