中原区版 掲載号:2021年8月13日号 エリアトップへ

「故郷は満州国」  丸子通在住 野末悦子さん(88)

社会

掲載号:2021年8月13日号

  • LINE
  • hatena

 昨年まで現役の医師として働いていた野末悦子さん(88)。野末さんは幼少期を満州国で過ごした。終戦も現地で迎え、帰国したのは1946年。中学2年までを過ごした思い出を通し、戦争を振り返る。

 「当時は子どもだったので、のんきで何もわかっていなかった」。父親が中国人に「ものを教えるため」に、満州国へ家族3人で渡ったのは5歳の頃。当時の奉天市(現・瀋陽市)に到着したが、整備が始まったばかりで住む家はなくしばらくは集合住宅で暮らしていた。南満州鉄道の西側にあった鉄西小学校に入学。校舎は未完成で、完成後に自分が使う椅子を抱えて教室に向かったのが思い出だ。

 「日本人は中国人に威張ってはいたけど、現地の人は『いい人』たちばかりでうまくいっていた。怖い思いをしたことはほとんどない」と振り返る。野末さんの父親が優しい人だからか、中国人から先生と呼ばれ慕われているように見えた。生徒たちは家によく訪ねてきたが「女性だけの家に入るのは失礼」と、玄関からは決して中に入ろうとはしなかった。

終戦、そして…

 終戦は女学校1年のとき。街に防空壕はあったが、空襲は経験していない。完全に閉鎖された近くの工場から、机や機械などを運び出す大きなガラガラという音が何日も続いたのを覚えている。ロシアの兵隊が家に来たこともある。母親が靴を脱ぐように伝えると、素直に従ってあがってきた。お茶を飲み、言葉を教え合うなどの穏やかな時間を過ごした。

 第二次世界大戦における日本の立場を知ったのは帰国してから。医者を目指し大学に入り、本を読み歴史を学んでショックを受けた。「日本は侵略していたんだと理解した。こんなに悪いことをしていたんだと思うと恥ずかしかった。故郷は満州という気持ちはあるが、戦争は悪。世界全体に平和がもたらされるように力を尽くしたいと改めて思った」

中原区版のローカルニュース最新6

全10種、初のスポーツ祭典

全10種、初のスポーツ祭典 スポーツ

2月23日、とどろきアリーナで

1月21日号

詩吟歌謡で元気を

詩吟歌謡で元気を 文化

高津川さん企画 盛況

1月21日号

「税の標語」で会長賞

「税の標語」で会長賞 教育

上丸子小6年の植田さん

1月21日号

今シーズンへ意気込み

川崎フロンターレ

今シーズンへ意気込み スポーツ

 新体制発表記者会見で

1月21日号

大幅改善も厳しい状況

中小企業景況感

大幅改善も厳しい状況 経済

川信調査、前期比15・6P増

1月21日号

「組織基盤の強化を」

川崎北法人会

「組織基盤の強化を」 経済

賀詞交歓会で団結

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook