中原区版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

ミニカワサキ 「こどものまち」を撮影 11月上旬に公開予定

教育

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
出店を楽しむ子どもたち
出店を楽しむ子どもたち

 市内の18歳以下の子どもたちが主体となって活動する「ミニカワサキ」。川崎市国際交流センターで10日、子どもたちで考えた仮想のまちを再現し、撮影会を行った。動画は編集の上、11月上旬にユーチューブで公開する。

 同団体は2018年に発足。大人メンバーの支援を受けながら仮想のまちづくりに挑戦し、10月にイベントとして成果発表をしている。昨年からはコロナ禍で実地開催が中止に。今年はオンラインで発表しようと、撮影会を行うに至った。

 同センターの広場に、「こどものまち」についての紙芝居ブースや射的、文房具店、手芸品店など自分たちで準備・企画した出店を設営。互いにお客さん役にもなり、独自の通貨を使って体験や買い物を楽しんだ。役所から選挙の投票箱を借り、出店の人気投票も実施。一連の様子を撮影係の子どもがビデオに収めた。

 当日は急きょ、近くを通りかかった地域住民の参加も可能に。多くの子どもでにぎわった。

 リーダーの大城太耀さん(11)は「直前でお客さんを呼べることになって、想像よりたくさんの人が来てくれてよかった。出店や選挙などもできて、去年より会場開催に近づけたと思う」と手応えを見せた。

ウェブショップ開店

 動画の公開に先立ち、会場で販売予定だった手づくり品のオンラインショップも開設した。

 11月10日まで、子どもたちがつくったマグネットやエコバッグ、マグカップなどを販売している。詳細は団体ウェブサイト。

中原区版のローカルニュース最新6

男女で県V 春高へ

市立橘高校バレーボール部

男女で県V 春高へ スポーツ

初戦は1月5日、新潟代表と

12月3日号

児童から感謝の声

新城鈴虫愛好会

児童から感謝の声 教育

命の大切さ伝える授業で

12月3日号

海外の絵本32冊寄贈

川崎とどろきRC

海外の絵本32冊寄贈 社会

市国際交流協会へ

12月3日号

ドリブル上達に「思考力」

プログラミング×サッカー

ドリブル上達に「思考力」 スポーツ

川崎Fらが企画

12月3日号

「生きづらさ」テーマ

中原図書館展示

「生きづらさ」テーマ 教育

保護司のお薦め本も紹介

12月3日号

SDGs制度、新たに220者

SDGs制度、新たに220者 社会

第3回市パートナー

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook