中原区版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

なかはら20年構想委員会 満開パンジーに思い馳せ 配布会、18年で幕

文化

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena

 花と緑に溢れた街づくりを目指す、なかはら20年構想委員会(萩原ひとみ委員長)は11月19日、区の花パンジーの配布会を市国際交流センター広場で開催。会発足当初から約18年間続けてきたこの催しも今回が最後となり、活動に賛同してきた関係者は惜しむように記念撮影に応じた=写真上。

 毎回参加してきたという中丸子橘町会の中野知勝さん(77)は「三角公園の花回廊に植えると、園児や近隣住民が喜んでくれる。今後パンジーを入手できるのか不安」と心境を吐露。中丸子南緑道を守る会(竹田好夫会長)は配布会後、玉川小学校3年生の授業の一環として児童らとパンジーを植え付けた。花を手にした上山侑希さんは「友達と遊ぶ時に通る道。(花植えは)初めての体験でとてもきれいだった」と笑顔をみせた。

 パンジーを提供してきたのは、年間10万株を生産する下小田中の農家・藤光園。代表の内藤恭正さん(54)は「最初はボランティアで始めたが、子どもが楽しそうに植える姿を見てから使命に感じてきた」と話した。

今年度で活動中止

 同委員会は2003年、市都市計画マスタープラン中原区構想として設置。”20年後のもっとすてきななかはら”を掲げ、緑化活動のほか、散策マップ作りや防災フォーラムも企画してきた。しかし今回、市の方針を受け今年度をもって活動を中止。萩原委員長は「パンジーの配布は地域や子どもたちの足元を明るく照らしてきた。24年に川崎市で開かれる全国都市緑化フェアに何らかの形でつなげていけたら」と未来を見据えた。

パンジーを受け取る参加者
パンジーを受け取る参加者
植え付けを行う玉川小の児童
植え付けを行う玉川小の児童

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6

多摩川で生き物「ガサガサ」

とどろき水辺の楽校

多摩川で生き物「ガサガサ」 教育

開校式に児童ら83人

5月13日号

「楽しい食事の場を」

「楽しい食事の場を」 社会

向河原の子ども食堂

5月13日号

飛躍期しファン感謝祭

レッドロケッツ

飛躍期しファン感謝祭 スポーツ

玉川アリーナに300人

5月13日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

秦野市文化会館

5月13日号

「命守る政策」で実績協調

「命守る政策」で実績協調 政治

参院議員・三浦氏が講演

5月13日号

「困窮する女性助けたい」

「困窮する女性助けたい」

女子高生3人が支援活動

5月13日号

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook