中原区版 掲載号:2022年1月7日号 エリアトップへ

川崎市と民間企業 等々力緑地に賑わいを 多彩なテーマで3日間

社会

掲載号:2022年1月7日号

  • LINE
  • hatena

 昨年11月に再編整備計画の改定案が示された等々力緑地で1月14日から3日間、スポーツや食、仕事などをテーマにしたイベントが開催される。日常的なにぎわいづくりを目指すための実証実験として川崎市が民間企業と協力。来場者にはアンケートを取り、同計画へ生かす。

 「PARK &(パークアンド)」と題された実証実験で、初めての取り組み。「働く、食べる、休む、遊ぶ、リラックスする」など多様なテーマで等々力緑地を楽しんでもらう。

 球場内での野外映画上映や陸上競技場でのヨガ体験、川崎フロンターレによるサッカー教室、川崎ブレイブサンダースによる子ども向け遊具体験などを予定。大道芸やミュージシャンのステージ、キッチンカーの出店、予約制でバーベキューなども企画される。川崎工科高校の生徒らが手掛けた「竹あかり」も会場を照らす。

 また、コロナ禍で働き方が変わった今ならではの企画として、陸上競技場のVIP席などを仕事場所として解放。近隣のコワーキングスペースとも連携し、イベント期間は割引料金で利用できる。

 14日は正午から午後7時、15、16日は正午から午後5時。一部事前申し込みが必要。詳細はイベント特設サイトを参照。問合せは市建設緑政局【電話】044・200・2408。

ニーズ把握へ

 今回3日間の実証実験では、来場者に再編整備を進める上で期待することや希望する機能などの調査を行う。市建設緑成局の担当者は「再編整備計画を進める上で参考にしていきたい」と話す。

 等々力緑地の再編整備については、昨年11月に改定案が示され、12月までパブコメ(市民意見)を募集していた。今年2月には計画が改定される予定で、4月から事業者を募る。23年4月から指定管理者が緑地一帯を管理し、29年度の整備完了を目指している。

中原区版のトップニュース最新6

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ

川崎の地酒

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ 社会

実行委、広い水田を検討

8月12日号

区民祭 4年ぶり開催へ

区民祭 4年ぶり開催へ 文化

ステージ発表など催し予定

8月12日号

「にぎわい」へ夏に焦点

多摩川河川敷

「にぎわい」へ夏に焦点 社会

市、あすから社会実験

8月5日号

民間移行へ対応模索

市立中学部活動

民間移行へ対応模索 教育

休日中心に2月まで試行

8月5日号

「後継者育成」新たに要望

市商連

「後継者育成」新たに要望 社会

活性化求め3会派へ

7月29日号

「子ども食堂の今を知って」

「子ども食堂の今を知って」 社会

あす、小杉でフォーラム

7月29日号

伊藤聡子さん講演会

宅建協会川崎中支部主催

http://www.kawasaki-naka.jp/

中原区商店街連合会

川崎市中原区小杉町3-245(中原区役所内)044-744-3161

https://nakashoren.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook