中原区版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

川崎市火災件数 過去5年で最多 要因に連続放火など

社会

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は1月6日、2021年の火災の概況(速報値)を発表。市内の火災件数が前年比37件増加し、過去5年で最多の363件となった。

 出火原因で最も多かったのは「放火」で、71件(前年比4件増)。次いで「たばこ」の51件(同2件増)。「こんろ」(同16件減)と「電気機器」(前年同)の各32件が続いた。

 種別で見ると、「建物火災」が226件(同2件増)、「車両火災」が24件(前年同)、「その他」が113件(同35件増)となった。「その他」には、昨年2月にあった市緑ヶ丘霊園での13件の連続放火や、ごみ置き場などへの放火が含まれる。市消防局は、家の周りに燃えやすいものを置かない、ごみは収集日の朝に出すなどの「放火されない環境づくり」を呼びかけている。

高齢者の死亡多く

 火災による死亡者は、前年比3人増の11人で、そのうち8人が逃げ遅れによるもの。年齢別では高齢者が9人だった。

 市は、ウェブサイトなどで高齢者や体の不自由な人は避難の経路や方法を確保することのほか、寝たばこ禁止、ストーブの周りに燃えやすいものを置かない、火のそばを離れない-などの「いのちを守る10のポイント」を掲示し、注意を促す。

中原区版のローカルニュース最新6

全10種、初のスポーツ祭典

全10種、初のスポーツ祭典 スポーツ

2月23日、とどろきアリーナで

1月21日号

詩吟歌謡で元気を

詩吟歌謡で元気を 文化

高津川さん企画 盛況

1月21日号

「税の標語」で会長賞

「税の標語」で会長賞 教育

上丸子小6年の植田さん

1月21日号

今シーズンへ意気込み

川崎フロンターレ

今シーズンへ意気込み スポーツ

 新体制発表記者会見で

1月21日号

大幅改善も厳しい状況

中小企業景況感

大幅改善も厳しい状況 経済

川信調査、前期比15・6P増

1月21日号

「組織基盤の強化を」

川崎北法人会

「組織基盤の強化を」 経済

賀詞交歓会で団結

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook