中原区版 掲載号:2022年3月25日号 エリアトップへ

5月公演 川崎郷土・市民劇 90年前の「煙突男」実話もとに再現

文化

掲載号:2022年3月25日号

  • LINE
  • hatena
今回の市民劇のチラシ=主催者提供
今回の市民劇のチラシ=主催者提供

 5月に開催される川崎郷土・市民劇「おーい!煙突男よ ―天空百三十尺の風―」。現在の川崎競馬場の場所にあった富士瓦斯紡績川崎工場で約90年前に起きた「川崎煙突男事件」がモチーフになっている。

 戦時中、数千人の女工(女性労働者)が働いていた同工場。世界恐慌の波が日本にも押し寄せた1930(昭和5)年、女工らは賃金引き下げや解雇に反対する労働争議を起こした。青年・田辺潔は、高さ約40メートルの工場の煙突に座り込んで女工らを後押しするように抗議。新聞でも報道され、約1万人の見物客が訪れたという。

 今回の市民劇の台本を手掛けたのは京浜協同劇団(幸区)の和田庸子さん。15年前に同劇団で上演した作品を市民劇向けにリメイクした。「女工たちを応援した煙突男。そこに集まった1万人の川崎市民。この共感力こそが時代を前に進めていく。現代の市民の皆さんも励まされるはず」と和田さん。

 実行委員長を務める藤嶋とみ子さん(中丸子在住)は、「川崎の産業の礎を築いた女工の皆さんと、彼女たちを応援しようと煙突に登った青年の意志は尊い。自分だけでなく世の中のことを思った煙突男の行動を、不安定な今の時代だからこそ感じ取ってほしい」と話している。

 5月7日(土)と8日(日)の午後2時からは多摩市民館(多摩区)、14日(土)1時30分からと6時から、15日(日)の2時からはサンピアンかわさき(川崎区)で開催。

 チケットは指定席3600円ほか。購入はウェブ予約または、京浜協同劇団、東海道かわさき宿交流館(川崎区)など市内施設で取り扱い。詳細・問い合わせは川崎市文化財団【電話】044・543・5012。

中原区版のローカルニュース最新6

「憲章」Tシャツでお出迎え

「憲章」Tシャツでお出迎え 社会

高島屋横浜店

8月12日号

「教室シェア」意見募集

市教委

「教室シェア」意見募集 社会

年内実施へ向け

8月12日号

深野さん、全国大会へ

中原消防署

深野さん、全国大会へ 社会

消防救助技術競う

8月5日号

藤本氏、県会長に

間税会

藤本氏、県会長に 経済

 任期は2年

8月5日号

平和館で原爆展

平和館で原爆展 社会

21日まで

8月5日号

赤ちゃん水遊び

伊藤聡子さん講演会

宅建協会川崎中支部主催

http://www.kawasaki-naka.jp/

中原区商店街連合会

川崎市中原区小杉町3-245(中原区役所内)044-744-3161

https://nakashoren.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook