中原区版 掲載号:2022年5月6日号 エリアトップへ

中原区50周年 イベント参加で記念品 魅力再発見へ通年企画

社会

掲載号:2022年5月6日号

  • LINE
  • hatena

 今年で区制50周年を迎える中原区は、記念事業の一環として4月25日から、区内各所で開かれるイベントに参加すると記念品が当たる企画を始めた。テーマは「中原区をもっと好きになる」。区のサービスを知るきっかけ作りや地域交流につなげたい考え。

 対象となるイベントは、ウオーキングや子育てサロンなど定番となっているものから、区民祭、子ども未来フェスタなどなじみのものまでさまざま。プロスポーツチームによる教室、50周年を祝う記念イベントも含め30種類以上がそろっている。

 特典として抽選で当たる記念品が用意されており、ひとつでも参加すると応募が可能になる。記念品は、川崎フロンターレや川崎ブレイブサンダースなど地元スポーツチームのサイン入りユニホームや区の木モモをイメージした和菓子、区制50周年記念ロゴマークが入ったグッズなどから好きなものを選ぶことができる。

 この企画は、イベントの参加を通じ「知る」「見る」「交流する」といった体験をすることで、区にある魅力を再発見してもらおうというもの。区企画課の担当者は「今まで知らなかったサービスや体験をすることで、中原区の魅力に触れもっと好きになってほしい」といい、「イベントには区の魅力を集めた動画を見るだけで参加できる簡単なものもある。興味をもってほしい」と呼び掛けている。

 応募は、同企画ウェブサイトからイベントを選び、参加後に申し込みフォームから記念品を選び送る。来年3月12日まで応募可能。

記念企画続々と

 中原区では今年度1年を通し、区制50周年の取り組みが企画されている。2000年に封印したタイムカプセルの開封事業をはじめ、地元のプロスポーツチームと連携したオリジナル婚姻届けの作成、子育て中の親子が交流できるよう9年前に作られた「なかはら親子体操」のリニューアルなどを企画している。

中原区版のトップニュース最新6

夜間に初の排水訓練

上丸子山王町

夜間に初の排水訓練 社会

市、特殊マンホールで

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 社会

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

「NO WAR」生徒ら訴え

川崎市平和館

「NO WAR」生徒ら訴え 社会

あす18日から企画展

6月17日号

新改札口、NEC隣に

横須賀線武蔵小杉駅

新改札口、NEC隣に 社会

JR北口からのルート短縮

6月17日号

担い手確保へ動画制作

中原消防団住吉分団

担い手確保へ動画制作 社会

「親しみやすさ」アピール

6月10日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook