中原区版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

川崎市食品衛生協会の会長に、6月20日付けで就任した 小柴 英一さん 幸区在住 82歳

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena

食で人との縁紡ぎ

 ○…食中毒の予防や衛生的な食環境を市民に提供するため、60年近くの経験をいかす。世界的な衛生管理基準・HACCPの義務化、会員講習のオンライン化など業界を取り巻く環境は大きく変化。加盟店は市内に約3千あるが減少傾向が続く。「高齢化で跡継ぎがいない問題もあると思う。まずは行政とともに市民の食の安全安心を守る責務を全うしたい」

 ○…沼津の実家近くで叔父が経営していたとんかつ店を、学生時代に手伝ったことから起業を決意。姉夫婦が住んでいた横浜の隣、川崎の地を選んだのは24歳の頃。「スパゲッティ、オムライス、当時流行った料理は何でも提供したよ」。深夜まで働く労働者のため、午前1時まで営業した時期も。叔父を思い出し、今はとんかつを中心としたメニューを揃える。娘、息子との家族経営に「商売を継いでくれるのはうれしいね」。

 ○…川崎のまちの変遷を間近で見てきた。「当時はまさに京浜工業地帯。工場の煙突から出る煤煙で店先の植木はベトベト。乾いた洗濯物を取り込む時も、必ずはたいて汚れを落として。今は随分と住みやすくなって、風景も一変したよね」と回想。常に市民目線で取り組み、受動喫煙防止対策もその一つ。「個人店で場所を確保するのは難しいけど、お客さんのため、快く足を運んでもらうためだから」

 ○…協会でウクライナへの支援を提案したのは、幼少期の体験が理由の一つ。「軍需工場があった沼津も大空襲を受けてね。5歳だった私は、防空壕がないから田んぼで布団をかぶってうずくまって。夜が明けると家は跡形もなくて。親ともはぐれて。本当に怖かった」。いまテレビから流れる映像が記憶と重なる。食を守り、社会を守るため全力で臨む。

中原区版の人物風土記最新6

石井 宏之さん

川崎市生涯学習財団の理事長に就任した

石井 宏之さん

上小田中在住 61歳

8月12日号

梶 稔さん

6月28日付で、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

麻生区在住 66歳

8月5日号

太田 猛彦さん

「かわさき市民アカデミー」の理事長に就任した

太田 猛彦さん

今井南町在勤 80歳

7月29日号

田中 勝子さん

行政相談委員として総務大臣表彰を受賞した

田中 勝子さん

下小田中在住 77歳

7月22日号

瀬戸 豊彦さん

川崎市文化財団理事長に、6月24日付で就任した

瀬戸 豊彦さん

中丸子在住 63歳

7月15日号

神山 曻さん

7月2日に公開した自主制作映画「あんぽんたん」の監督・脚本・編集を手掛ける

神山 曻さん

井田中ノ町在住 74歳

7月8日号

伊藤聡子さん講演会

宅建協会川崎中支部主催

http://www.kawasaki-naka.jp/

中原区商店街連合会

川崎市中原区小杉町3-245(中原区役所内)044-744-3161

https://nakashoren.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook