第72回市町村対抗「かながわ駅伝」川崎市選抜チームの監督に就任した鈴木 大さん市立川崎高校附属中学校教諭 44歳

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • はてぶ

鋭い観察眼に定評

 ○…2月11日に行われる県内市町村対抗「第72回かながわ駅伝」の川崎市チームの監督に就任した。大会を通じて次世代を担う中学生選手を育てていく川崎市陸上競技協会の方針の中、「様々な学校関係者から寄せられる信頼の厚さとしっかりとした観察眼」(皆川敏明市陸上競技会理事長)で抜擢されたという。「学校の陸上部で見る監督の立場と市内各地から集まる選抜メンバーを見るのは違う仕事。どういうものなのか探っている」。メンバーについては「力のある選手が揃った。優勝も狙える位置にいる 川崎市として一つの目標に向かって挑戦すれば結果が見えてくる」と力を込める。

 ○…川崎区中島の市立川崎高校附属中学校で保健体育を教える。学生時代、陸上部の後輩を指導していた中、教えることで選手が変わっていく様子に嬉しさを覚えた。教師の世界に興味を持ったきっかけだ。大学卒業後、教師生活をスタートし、南大師、王禅寺、野川、橘中学校で教壇に立った。当初は非常勤講師として働き、正規採用まで9年かかった苦労人だ。

 ○…陸上競技は「努力した分だけ結果を実感できるスポーツ」という。宮前区出身で有馬中学校時代に陸上競技を始め、川崎北高校、東海大学で続けた。中長距離(800メートル、1500メートル)の選手だったが「中学校駅伝では市大会で優勝、県で3位を獲得した程度。足は遅かったし、スポーツは得意だと思ったことはないんですよ」

 ○…競技を続けながら関心を持ったのは、足の速い選手の体の使い方。効率よく速く走る技術を追求したカール・ルイスさんやウサイン・ボルトさんの走りには唸った。前任の菅中学校時代、自身が描く無駄のない理想の走りを見せた生徒がいた。その生徒は都道府県駅伝でも活躍。「こうした選手を輩出できるようにもしていきたい」とも力を込めた。妻、一男一女の4人家族。

  • LINE
  • はてぶ

中原区版の人物風土記最新3件

  • 中村 美那さん

    日本競輪学校の女子第9回試験に合格した

    中村 美那さん

    川崎工科高校3年 18歳

    2月15日号

  • 竹部 貴司さん

    コアパークフリマを運営するリサイクル運動推進事業協会で代表を務める

    竹部 貴司さん

    横浜市在住 52歳

    2月8日号

  • 宮井 典子さん

    多摩川河川敷で3月に開催される「ホワイトリボンラン川崎」の実行委員長を務める

    宮井 典子さん

    宮前区在住 45歳

    2月1日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>