麻生区版

タイトル挑戦に岡本太郎パワー注入

川崎フロンターレが新体制を発表

掲載号:2011年1月28日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡本太郎デザインの「挑(いどむ)」が今年のキャッチフレーズ
岡本太郎デザインの「挑(いどむ)」が今年のキャッチフレーズ

 サッカーJリーグ1部・川崎フロンターレが今月23日、幸区堀川町のミューザ川崎シンフォニーホールで新体制を発表した。相馬直樹新監督や新加入の選手が出席し、決意や抱負を述べた。今シーズンのキャッチフレーズは「挑(いどむ)」。川崎市生まれで今年生誕100年を迎える芸術家の故岡本太郎さんがデザインした文字を使用することを決定した。

 今シーズン指揮を執るのは04年から05年まで同クラブでプレーした相馬氏。「ピッチの上で選手がいきいき躍動するサッカー。個が輝き、皆さんが熱くなれるように。その上で勝ちにこだわりたい」と、タイトル獲得を約束した。

 会場には新しく加入した田中裕介、山瀬功治、實藤友紀、柴崎晃誠、棗佑喜、福森晃斗、田中雄大、谷尾昂也、大島僚太―の9選手が駆けつけ、決意を述べた。東京ヴェルディから移籍し、即戦力として期待の高い柴崎選手は「感動できるプレーをしたい」と約束し、スタメン定着に意欲を見せた。

 今季のキャッチフレーズは「挑(いどむ)」。国民的芸術家である岡本さんが1970年代に描いたデザインを使用。平野暁臣岡本太郎記念館館長は「太郎を背負って戦うだけに、頂点を目指して欲しい」とエールを送った。

 この日集まったサポーターは約1800人。高津区在住の宮田恭子(やすこ)さん、麻衣さん親子は「相馬監督には現役時代から教授といわれる豊富な知識とこれまで培ってきた経験を生かして欲しい」と期待を込めた。2000年のJ1昇格時から熱心に応援してきた海野智義さんは「山瀬選手に期待している。今年はバランスのとれたチームで楽しみ」と語った。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク