麻生区版

引退車両のプラモ発売

「さよなら運行」に合わせ29日から

掲載号:2011年1月28日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
細部まで再現されている
細部まで再現されている

 小田急電鉄株式会社は、今月末に引退する通勤車両5000形(6両編成)の記念プラモデルを今月29日から先行販売する。

 この車両は5200形とも呼ばれ、1978年に就役。他の車両を含む4両編成と連結して、急行・準急の10両運転を行うなど、輸送力増強に貢献した。約30年に渡り、小田急線全線で活躍していたが、今月30日(日)の「5000形10両編成さよなら運行」を最後に引退することが決まっている。

 今回の記念プラモデルは、惜しまれつつ引退する同車両をミニチュアサイズの4両セットとして再現した。人気のある5000形は過去にもプラモデルとして販売されているため、今回のものは2作目。客室窓を一段下降窓(一枚窓)に変更し、シングルアーム形のパンダグラフをセットしたデザインでの販売となる。

 販売価格は2300円(税込)。今月29日から小田急グッズショップ「TRAINS」新宿店(小田急線新宿駅西口地下)、和泉多摩川店(小田急線和泉多摩川駅前)で先行販売されるほか、2月10日(木)からは小田急百貨店(新宿店・町田店・藤沢店)の玩具売場や小田急線各駅売店でも販売される。予約はインターネットショップ「オンライントレインズ」http://www.odakyu-trains.comで今月29日から受付開始。

 詳細は「TRAINS」和泉多摩川店【電話】03(3489)6199(11時〜16時・月休)まで。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第144回 シリーズ「麻生の歴史を探る」入会地騒動 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「町田市史」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    2月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク