麻生区版

車両所の親子見学会

小田急電鉄株式会社

掲載号:2011年2月4日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小田急電鉄(株)(本社:東京都新宿区・大須賀賴彦社長)は3月30日(水)(9時〜正午)、大野総合車両所の親子見学会を開催する。

 この取り組みは同社が地域コミュニケーションの一環として、小学3年生から6年生とその保護者を対象に行っている。

運転台での記念撮影も

 当日は環境マネジメントシステムの国際標準規格「ISO 14001」の認証を取得している大野総合車両所(相模原市南区)で、車両の検査や補修作業、電車の運転台見学などを行う。見学だけではなく、防音車輪と従来型車輪の叩き比べ実験といった体験型企画も実施。車両所の業務を「見て・触れて」理解することができる。

 子どもたちから特に人気のある「ロマンスカー」や「MSE」の運転台では、子ども専用制帽をかぶっての記念撮影も予定している。

 参加費無料(交通費は自己負担)。希望者は葉書に郵便番号、住所、参加者2人の氏名(ふりがな)、子どもの学年、電話番号を明記の上、〒101─8691郵便事業(株)神田支店私書箱90号「大野総合車両所親子見学会タウンニュース」係まで応募を。2月28日(月)必着。

 募集人員は40組80人の親子。応募者多数の場合は抽選。当選者には参加証を発送(3月上旬予定)。

 詳細は大野総合車両所親子見学会事務局【電話】03(3496)3137へ(平日10時から17時まで)。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク