麻生区版

今月14日に自治功労賞を受賞した

岡野 幸雄さん

高石在住 81歳

掲載号:2011年2月18日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

理論よりも実践が大事

 ○…町内会や自治会の代表者として10年以上に渡り、福祉増進、住民自治の振興発展などに貢献してきた人を表彰する川崎市自治功労者に選ばれた。地元を住みやすい地域にしようと独自の発想で様々な取り組みを実践。水暮町会長時代には子どもが生まれた家庭に祝い金を贈り、その吉報を会報で紹介する仕組みや、高齢者の足となるコミュニティーバス「山ゆり号」の実現に向け尽力してきた。「円満な地域づくりをするためには誠意を持って取り組むことが肝心」

 ○…昭和4年、宮崎県都城市生まれ。若い頃から小学校や中学校の教師として子どもたちと関わってきた。穏やかな人柄と実直な姿勢は周囲の支持を集め、教職を退いた後も、麻生区地域教育会議副議長として教育の現場に立ってきた。現在は小学校で郷土の歴史を教えたり、子どもたちの遊び相手にもなるなど活動の幅を広げる。「子どもたちが私を見つけると『おうさん』と駆け寄ってくる。子どもたちの笑顔をみるとこれからも活動を続けようという思いになる」

 ○…多忙な地域活動を送る一方で、芸術家としての顔も持つ。家の中には自身で制作した陶器や、木材を削って作った彫刻が数多く並ぶ。水墨画や俳句はどちらも10年以上の腕前。特に水墨画は全国展覧会に出展した経験を持つ。ゼロから創る創作活動について「地域の活動に通じるものがある。考えるよりまず実践することで、思わぬ発見を見つけるのも面白い」と振り返る。

 ○…今後は高齢者福祉にも力を入れたいと考えている。高石地域に多い急な坂道や曲がり道は「高齢者の引きこもりや閉じこもりを増長させる原因になる」と危機感を募らせる。「コミュニティーバスの運行はもう目前。これまで多くの人にご協力いただきながらやっとここまで漕ぎ着けた。実を結ぶところをしっかりと見届けたい」。そう話す瞳の奥に協議会副会長としての熱意を覗かせた。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版の人物風土記最新6件

矢端 雅子さん

(株)ジェイコムイースト町田・川崎局の新局長に就任した

矢端 雅子さん

4月10日号

鈴木 裕子さん

かわさき産業親善大使に任命されたフリーアナウンサー

鈴木 裕子さん

4月3日号

坂入 健司郎さん

かわさき産業親善大使に任命された指揮者

坂入 健司郎さん

3月27日号

三鬼 洋二さん

3月11日付で麻生警察署第20代署長に就任した

三鬼 洋二さん

3月20日号

やしろ 優さん

川崎フロンターレのホーム開幕戦で始球式のキッカーを務める

やしろ 優さん

3月13日号

佐々木 邁(すすむ)さん

「文化の風コンサート」を4月に主催する芸術の街研究会の会長を務める

佐々木 邁(すすむ)さん

3月6日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク