麻生区版

秀吉の朱印状に約100人

柿生郷土史料館

掲載号:2011年2月18日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小島氏の解説に興味津々
小島氏の解説に興味津々

 柿生郷土史料館(柿生中学校内)で行われている秀吉の朱印状公開が盛況だ。

 現在公開されている朱印状は秀吉が小田原攻め直前に、区内の豪族だった小島家に送ったもの。歴史上の人物と地元麻生区との接点を今に伝える貴重な史料として注目を集めている。

 同館では2月6日、13日、20日の3日間限定で公開をしているが、2日程が終了した時点で約100人が来場したという。

 同館支援委員の板倉敏郎氏は「2日で約100人は柿生郷土史料館はじまって以来の来場者数。郷土の歴史に対する関心の高さをひしひしと感じています」と話し、朱印状を所有する小島一也氏は「多くの方に見ていただけてとても嬉しく思います」と感想を述べた。

 残りの公開日は2月20日(日)のみ。開館時間は午前10時から午後3時まで。ガイドが付くツアーは【1】11時〜【2】13時〜2回実施。

 詳細は柿生中学校【電話】044(988)0004へ。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク