麻生区版

生誕100年で記念品贈呈

川崎市岡本太郎美術館で26日から

掲載号:2011年2月25日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 あす2月26日で生誕100年を迎える芸術家の岡本太郎さん(=写真、1911年〜96年)を記念して、川崎市岡本太郎美術館(多摩区枡形)では来館者に記念品をプレゼントする。

 2月26日(土)・27日(日)・3月5日(土)・6日(日)の4日間は展覧会入館者全員に「岡本太郎生誕100年記念クリアーファイル」をプレゼントするという。首都圏各地の広場や道路、公園などの公共空間に点在する岡本太郎さんの作品を案内している「パブリックアートマップ」を26日から無料で配布する。

 さらに26日(土)と27日(日)には、展覧会入館者の先着100人に紅白餅とTAROの夢最中をプレゼントするという(川崎市菓子協議会多摩・麻生支部の提供)。

 併設する「カフェテリアTARO」でも26日(土)・27日(日)・3月5日(土)・6日(日)の4日間、利用者先着200人に「きなちょこクッキー」をプレゼントする(カフェテリアTARO提供)。

 同館では現在、常設展「生誕100年あっぱれ太郎」と企画展「第14回岡本太郎現代芸術賞」を開催中。常設展では絵画や彫刻、グラフィックデザインなど幅広い作品を展示している。企画展では岡本太郎さんの精神を受け継ぐ現代芸術の作家の作品を展示している。両展とも4月3日(日)まで。

 開館時間は午前9時30分から午後5時まで。休館日は月曜日と祝日の翌日。問合せは同館(【電話】044・900・9898)まで。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク