麻生区版

助けた亀の"恩返し"

掲載号:2011年2月25日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
店先で「いらっしゃいませ」
店先で「いらっしゃいませ」

 区内早野にある『早野石材店』で、看板娘ならぬ”看板カメ”が訪れた人の心を和ませている。

 ”イブ”と名付けられ、大切に育てられているカメが同店に来たのは、昨年の12月24日。近隣の川にカメを放そうとしている子どもを発見した同店の浜畑夫妻が飼育を申し出たのがきっかけだった。

 この日以来、”イブ”は店先にある特等席の水槽で来店者を出迎えている。最初のうちは何を食べるかも分からなかったが試行錯誤の末、イブの好物はレバーであることが判明したという。「店に来たばかりの頃は警戒し、頭や手足を引っ込めていたが、人に慣れたのか今ではキョロキョロ見渡してるよ」と浜畑さん。

 奥さんも「よく見ると愛嬌のある顔をしているの。良く縁日で売られているミシシッピガメの一種じゃないかな。しっかり店番をしてくれているからこれもカメの”恩返し”と言えるかも」と話している。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク