麻生区版

相模川橋脚から歴史を読む

稲毛三郎の夫婦愛から頼朝死の謎まで

掲載号:2011年2月25日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 柿生中学校で定期的に行われている地域向け歴史教室『柿生カルチャーセミナー』が3月15日(火)、同中学校視聴覚室で行われる。

 「発見された相模川橋脚から分かる歴史的事実」をテーマに、亡き妻を悼み橋を建造した稲毛三郎や、親戚関係にあった源頼朝の死の謎を考える。

 講師は茅ヶ崎市教育委員会社会教育課文化財保護担当の大村浩司氏。関東大震災をきっかけに姿を現した橋脚の調査に詳しい大村氏が講演する。

 午後6時開講。希望者は直接会場へ。詳細は同中学校【電話】044(988)0004へ。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク