麻生区版

春の訪れ告げる河津桜

麻生区役所の中庭で

掲載号:2011年3月4日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピンク色の花が見る人の心を癒す(2月25日撮影)
ピンク色の花が見る人の心を癒す(2月25日撮影)

 麻生区役所の中庭で一足早く河津桜が開花し始めている。桜はまだ3分咲き程度だが、先日25日には春一番が吹いたこともあり、除々に聞こえてくる春の足音を告げるかのように可憐な花を咲かせている。

 区役所職員は「河津桜は例年3月上旬頃に咲くが、今年は1週間ほど早く咲いた」と話す。この中庭は、区役所利用者や職員にとっても憩いの場。3月中旬には玉縄桜も開花するとみられ、区役所中庭は一気に春のモードに突入しそうだ。

 河津桜は1955年頃に静岡県河津町で発見された品種。早咲きオオシマザクラ系とヒカンザクラ系の自然交配種と推定される。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク