麻生区版

新手の手口にご用心

寸劇で振込め詐欺防止訴える

掲載号:2011年3月18日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
巧妙な手口を再現
巧妙な手口を再現

 「麻生区安全・安心まちづくり協議会」は今月8日、麻生区役所で振込め詐欺防止のための研修会を行った。研修会には町内会や自治会の関係者ら約20人が出席。麻生警察署員と神奈川県職員も協力し、職員が犯人役などに扮しながら、振込め詐欺の手口を寸劇で分かりやすく紹介した。

 麻生警察署管内の振込め詐欺の被害件数は川崎市内で最も少ないが、昨年の被害件数は一昨年比で6件増の18件。神奈川県内でも振込め詐欺が頻発していることから、区内でも警戒を呼びかけている。

 寸劇では、新手の振込め詐欺の手口を紹介。金利の高いプレミアム口座があると偽り、通帳とキャッシュカードを騙し取る犯人と主婦との緊張したやりとりを再現した。

 麻生警察署の生活安全課では、電話での振込め詐欺に共通するケースとして、「(電話口の相手が)電話番号が急に変わった」「早急に金銭が必要」という例が多いことをあげ、「少しでも不安に思ったらまずは身内などに連絡して確認をしてほしい」と話している。 
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第144回 シリーズ「麻生の歴史を探る」入会地騒動 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「町田市史」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    2月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク