麻生区版

墨で描いた川崎一冊に

水墨画家島田正治さん 30年前の連載まとめる

掲載号:2011年3月25日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
島田正治さん 著書を手に
島田正治さん 著書を手に

 市内在住の水墨画家島田正治さんが30年前に連載していた水墨画とエッセイが一冊の本になった。

 「島田正治のスケッチ・ショット〜街と木々と風と」と題された同著は島田さんが1981年からおよそ5年半、地元ミニコミ紙に連載していた同名のコーナーをまとめたもの。川崎市北部を中心とした自然豊かな風景画に情緒溢れる文章が添えられている。「昔から住む方には郷愁を、新しく住み始めた方にはかつての川崎を感じてもらいたい」と島田さんは話した。

 島田さんは1931年京都生まれ。東京学芸大書道学科卒。著書に「島田正治墨画集」などがある他、メキシコ、日本で個展を開いている。

 問合せは島田さん【電話】【FAX】044(866)9490、Eメールsumi@arte-shimada.comまで。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク