麻生区版

平成23年度

太陽光発電普及事業が始まる

地球温暖化対策に期待

掲載号:2011年4月15日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 川崎市は平成23年度の「住宅用太陽光発電システム設置費補助事業」受付を4月から開始している。

 太陽光発電は、太陽電池パネルを設置して光エネルギーを直接電気に変換するシステム。地球温暖化の原因である温室効果ガスを排出することがないことから、地球に優しい電力として近年普及が進んでいる。

 平成18年度から市では、地球温暖化対策の一環として、同システムの普及を促進するために補助金を交付している。川崎市は県との一体助成で、発電量1kWあたり4万円(市2・5万円、県1・5万円)、上限13・9万円を交付する。個人申請の補助枠は約900件で、昨年に比べ約300件増。募集期限は平成24年2月15日まで。

 経済産業省の余剰電力買取制度における平成23年度の余剰電力買取価格は、42円/kWh住宅用(10kW未満)と発表された。

 補助金申請の問い合わせ、応募などは川崎市環境局地球環境推進室(【電話】044・200・2514)まで。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

人事異動を発令

川崎市

人事異動を発令

4月10日号

拡充目指し協定締結

電子お薬手帳サービス

拡充目指し協定締結

4月10日号

ロタウイルス流行の兆し

景況感 4期ぶりにプラス

1冊1万円で販売

プレミアム商品券

1冊1万円で販売

4月10日号

新百合21で3度目の凱旋

市内出身田村選手

新百合21で3度目の凱旋

4月10日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク