麻生区版

修廣寺に初夏の便り

掲載号:2011年5月27日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
路肩をかわいらしい花が彩る
路肩をかわいらしい花が彩る

 修廣寺(片平2―8―1)の境内に続く道端で、ノアザミが紫色の花を咲かせている。ノアザミはキク科アザミ属の多年草。アザミの中ではめずらしく、5月〜8月に花を咲かせる。

 同寺は、気軽に自然を感じられる場所として地域住民から親しまれている。

 春にはツツジや桜が咲き乱れ、梅雨から夏にかけてはあじさいやノウゼンカズラ、ヒメオウギズイセンなどが見ごろを迎えるなど、一年を通して四季折々の花々が参拝者の目を楽しませている。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク