麻生区版

路上違反広告、地域で除却

7月に各区で協力員研修会

掲載号:2011年6月24日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 川崎市では、平成13年4月に「市民等の協力による路上違反広告物除却推進事業」を創設し、町内会や自治会を中心とした協力員による地域ぐるみの除却活動を展開している。

 協力員の任期は2年以内で、町内会ごとにボランティアで道路上の電柱や街路灯、道路標識などにある営利を目的とした「はり紙、立看板」を撤去している。活動日は団体によって異なり、月1回から年数回など様々だ。市内の協力員数は今年3月現在で1164人。市建設緑政局に報告された市全体の除却件数は平成21年度が1481件に対し同22年度は302件と大幅に減少。要因として市では「違反広告自体が年々減っていることが考えられる」と話している。

 また、平成23年7月1日から同25年6月30日までの任期となる協力員の研修会が7月6日(水)、麻生区役所で開かれる。時間は午後3時から同4時30分。研修内容は屋外広告物条例等関係法令と具体的な除却物件の説明、委嘱状・身分証明書の交付など。

 詳細は市建設緑政局道路管理部路政課屋外広告物係(【電話】044・200・2814)へ。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク